忍者ブログ
  • 2017.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.12
これは自然淘汰の結果なの?? アヤトガリバ


背中に、立体的に見えるヘビの模様のある不思議な虫がいる。

以前このブログでも紹介したウスベニアヤトガリバという、
ちょっとだけ素敵で、やや官能的(?)な名前を持った蛾だ。
↓   ↓   ↓
http://kamemusi.no-mania.com/Date/20130824/1/


虫にあまり興味のない普通(?⇒!!)の人は、
ウスベニアヤトガリバという名前を聞いただけでは、
おそらく、何組なのかも分からないだろう。


せっかくなので、もう一度、ウスベニアヤトガリバをご覧ください。

 

ウスベニアヤトガリバ(カギバガ科)

2013年7月27日 城ヶ倉・青森

背中が観音開きの窓のように開いていて、
中に、彫刻のようなヘビ(コブラ?)が見える。

よく見ると、中に見える立体的なヘビは、
下の方が、蛾の胴体とピッタリ繋がっている。

かなり不思議な雰囲気を持つ蛾なのだだ。

 


ネット情報によると、アヤトガリバの仲間(Habrosyne属)は、
日本に、6種類が生息するようだ。

 ①ウスベニアヤトガリバ Habrosyne dieckmanni roseola Matsumura,1909
 ②オオアヤトガリバ Habrosyne fraterna japonica Werny,1966
 ③アヤトガリバ Habrosyne ryritoides derasoides (Butler,1878)
 ④タイワンアヤトガリバ Habrosyne indica flavescens Werny,1966
 ⑤カラフトアヤトガリバ Habrosyne intermedia (Bremer,1864)
 ⑥ヒメウスベニトガリバ Habrosyne aurorina auronia (Butler,1881)


いずれも、特異な姿かたち(基本形は同じ?)であり、
鱗粉の濃淡で、立体的に描かれたヘビ(コブラ?)のような模様がある。

だから、少なくとも、日本で見られる6種の共通祖先で、
背中に「立体的なヘビ模様を持つ基本的な姿かたち」が完成(?)していた。

その後、何らかの生殖隔離が起こって、6種に分かれたのだろうが、
基本形態はそのままで、色彩・模様が個々の種で多少変化したようだ。

 ⇒この文章の書き方は、オオトリノフンダマシ、
  キイロシリブトジョウカイに続いて、3回目・・・

 

 

そして、つい最近、以前紹介した友人とのナイターで、
2種目の、③のアヤトガリバに出会えたのだ。
↓  ↓  ↓
http://kamemusi.no-mania.com/Date/20140828/1/

 

 


アヤトガリバ(カギバガ科)

2014年8月19日 木賊峠・山梨

多少の色の違いがあるが、全体的な雰囲気は、
最初のウスベニアヤトガリバと同じである。

ただ、この子の方が、ヘビの目(?)が悲しそうで、
ウスベニよりもインパクトは、やや少ない印象がある?


いずれにしても、切り裂かれた(破られた?)穴の奥に、
ヘビがいるだけで、それはもう神秘的な世界だ!!!

 

 

 

アヤトガリバ(カギバガ科)

2014年8月19日 木賊峠・山梨

少し斜めから撮ると、かなり不思議なことに、
ヘビも、こちらを向いているように見えるのだ。

こんなことってあるのか?


・・・・あるのだ!!!!

 

 


アヤトガリバ(カギバガ科)

2014年8月19日 木賊峠・山梨

一体何故、こんな模様になったのだろうか?

捕食者との関係から考えるのが普通だろうが、
はたして、この模様を、本能的に嫌う外敵がいるのか?

以前、色々な機能のある目玉模様の紹介をしたときに、
知能を持つ学習できる動物(特に人間!)は、
「意味のないものに意味を見出す」ことを知った。
↓   ↓   ↓
http://kamemusi.no-mania.com/Date/20110311/1/

 

たとえば、携帯電話で良くやる(o^ー^o)のようなもの????

 ⇒全く無関係の記号を、ある規則で並べるだけで、
  様々な表情の人の顔に見せることができるのだ。

 

 

 


しかし、ここで、ちょっとでけ残念な写真が・・・・・

 

 

ウスベニアヤトガリバ(カギバガ科)

2013年8月31日 矢立峠・秋田

これは、最初の写真のウスベニアヤトガリバだが、
明るい場所で、こんな風に、草に止まっていたら、
背中のヘビが、全く見えない。


これでは、いとも簡単に鳥に食べられてしまうだろう。

 ⇒せっかく、ここまでテンション高く紹介してきたのに!!!


でも、これが、ちょっとだけ不思議な昆虫の世界・・・・


 

追記(2015年9月13日)

チョウや蛾の翅にある動物の不思議な模様について、
最近日本でも紹介された「サティロス型擬態」という概念で、
統一的に解釈できるようになった。

以下の記事をご覧ください。

【古くて新しい擬態 サティロス型擬態】
 ↓   ↓   ↓
 http://kamemusi.no-mania.com/Date/20150913/1/
 

     

拍手[19回]

PR
【2014/09/15 06:24 】 | 擬態 | 有り難いご意見(0)
<<コアリガタハネカクシ交尾 | ホーム | かなりの珍品!? キイロシリブトジョウカイの仲間>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>