忍者ブログ
  • 2017.04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.06
ちょっとだけ衝撃 ホソバセダカモクメ幼虫

今回は、半端でなく不思議な/とても不思議な幼虫である。

まずは、下の写真をご覧ください。

 

ホソバセダカモクメ幼虫(ヤガ科)

2009年9月9日 岩木山山麓・青森

ちょっと見ると、南方系の鮮やかなチョウの幼虫のようだ。
ここ数年、こんな鮮やかな模様の幼虫は、他に見たことない。

一瞬アサギマダラの幼虫かとも思った。

しかし、撮影場所は、青森県の岩木山神社近くの駐車場。
食べているのは、キク科の多分アキノノゲシ・・・


家に帰って、調べるまで、全く名前が分からなかった。


結構な時間を使って、ようやく分かった。

ホソバセダカモクメという蛾の幼虫だった。

まさか、ハイイロセダカモクメの近縁種だとは!!

 


念のため、私が最初に間違えてしまった
アサギマダラ幼虫の写真をご覧ください。


カバマダラの仲間の幼虫(マダラチョウ科)
 
2004年1月11日 石垣島・沖縄

こちらは、チョウの幼虫であり、
食べているのは、有毒のガガイモ科の植物の葉。

⇒当初、アサギマダラ幼虫としていましたが、Nabita氏から、
 カバマダラかスジグロカバマダラの幼虫ではないか?
 とのご連絡をいただきました。
 今回、カバマダラの仲間に、種名タイトルを訂正しました。


 

ホソバセダカモクメとは、全く別の種類なのに、
雰囲気が、とても良く似ていると思う。


ん!! 
  
全然違う種が、良く似ている???

この関係は、ひょっとして・・・・


もしかしたら、アサギマダラ幼虫をモデルにした
ベイツ型擬態なのか?

 (⇒ホソバセダカモクメ幼虫の食草アキノノゲシには、
   おそらく、有毒成分が含まれていないので、
   ミューラー型擬態ではないだろう!)

両種が、同じ環境に住むことはあるのだろうか?

 

 


そして、3枚目の写真は、ホソバセダカモクメと近縁の
ハイイロセダカモクメ幼虫である。

当ブログでしばしば紹介した常連であるが、
もう一度ご覧ください。


ハイイロセダカモクメ幼虫(ヤガ科)
 
2010年10月12日 弘前市・青森

ちょっと見た限り、とても近縁種とは思えない。


一方は、
良く目立つ典型的な警戒色の幼虫

そして、もう一方は、

ヨモギの花穂そっくりの全く目立たない幼虫


正反対の性質を持っている2種なのである。

(⇒写真はまだ撮れていないが、この2種の成虫は、
  灰色の目立たない蛾であり、幼虫がこれだけ違うのに、
  非常に良く良く似ている)


気になって、学名を調べてみた。

ちょっとだけ専門的になるが、確かに両種は、同じ属である。

 ◎ホソバセダカモクメ Cucullia raterna BUTLER, 1878

 ◎ハイイロセダカモクメ Cucullia maculosa STAUDINGER, 1888

おそらく、成虫の形態で分類した結果だと思うが、
幼虫の形態まで考慮して記載しているかは、不明である。

 

しかし、もう一度、写真を良く見ると、
半端ではない衝撃的な事実に気付いた。

ハイイロセダカモクメ幼虫とホソバセダカモクメ幼虫、
基本的な模様がそっくりなのだ!!!


この両種が何かの引き金で、種分化した時代、
当然、同じ模様だったはずである。

それが、それぞれの環境に適応していった結果、

一方は、有毒の他種に似せて、よく目立つように、
一方は、周囲の環境に似せて、全く目立たぬように、

何と、正反対の方向に進化してきたのだ。


BUTLERさん、STUDINGERさん、申し訳ありませんでした。
やっぱり、同属だったのですね。

 

拍手[25回]

PR
【2012/02/15 09:00 】 | 擬態 | 有り難いご意見(0)
<<ちょっとだけ不思議なハエたち | ホーム | 日本の露天風呂>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>