忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
オオトリノフンダマシ 君は糞に擬態してるの? 


トリノフンダマシの仲間は、もともと熱帯系のクモの仲間であり、
日本では、Cyrtarachne属が4種が生息する。

 ①トリノフンダマシ Cyrtarachne bufo
 ②オオトリノフンダマシ Cyrtarachne inaequialis
 ③シロオビトリノフンダマシ Cyrtarachne nagasakiensis
 ④アカイロトリノフンダマシ Cyrtarachne yunoharuensis

いずれも、特異な姿かたち(基本形は同じ?)であり、
その名が示すように、鳥の糞に擬態しているとされているが、
どうも、そうとは言えない気がするのだ。

このことについては、文末に個人的な考えを書いてみた。

 

最も普通に見られるのは、以前紹介した①のトリノフンダマシである。
↓   ↓   ↓
http://kamemusi.no-mania.com/Date/20120821/1/

 


トリノフンダマシ(コガネグモ科)

2012年8月6日 金山町・秋田

腹部は白と褐色のまだら模様で、まさに鳥の糞の色合いだ。

左右に目玉のような膨れがあるが、あまり目立つ存在ではない。


頭胸部と脚は薄い褐色なので、足を折り曲げて、
頭胸部に添えると、より鳥の糞に見えやすくなる。

 

 

ところが・・・

今回初めて、②のオオトリノフンダマシに出会ったのだが、
これ、本当に鳥の糞に擬態しているのか????

 

 

オオトリノフンダマシ(コガネグモ科)

2014年8月9日 だんぶり池・青森

確かに、形態はトリノフンダマシに良く似ている。

トリノフンダマシは白っぽいのに対し、
本種は、全体的に黄色っぽい感じであるが・・・


腹部左右には、トリノフンダマシと同じように、
大きな目玉のような模様がある。

 

でも、何かおかしいぞ!??

目玉模様が強調されすぎて、鳥の糞には見えない?

 

 

 

オオトリノフンダマシ(コガネグモ科)

2014年8月9日 だんぶり池・青森

これは、鳥の糞というより、目玉のオバケ(?)だ。

目玉模様の周りに、暗褐色の輪があるだけで、
目玉模様が強調されて、鳥の糞に見えなくなっているのだ。

 
これは、どう見ても・・・・

・・・・・カマキリの顔???

 

 


オオトリノフンダマシ(コガネグモ科)

2014年8月9日 だんぶり池・青森

普通に遠目に見ても、おそらく、意に反して(??)、
鳥の糞ではなく、目玉の大きな顔である。


オオトリノフンダマシは、名前とは裏腹に、
大きな目玉模様によって、外敵の攻撃を躊躇させる効果の方が、
むしろ大きいのかもしれないのだ。
↓   ↓   ↓
http://kamemusi.no-mania.com/Date/20130223/1/

http://kamemusi.no-mania.com/Date/20110311/1/

 

 

 

オオトリノフンダマシ(コガネグモ科)

2014年8月9日 だんぶり池・青森

系統分類学の知識は、ほとんどないのだが、
トリノフンダマシの仲間の進化を考えると、ちょっとだけ不思議だ。

少なくとも日本産4種の共通祖先で、
いわゆるトリノフンダマシの形態が完成(?)していた。

その後、何らかの生殖隔離が起こって、4種類に分岐したのだろうが、
基本形態はそのままで、色彩・模様が個々の種で大きく変化したのだ。


日本産のもう1種、③のシロオビトリノフンダマシというクモは、
横長の腹部の真ん中を横切るように白い帯があり、
その前後は黒く、腹部後端近くは淡い褐色になっているので、
ネット上の写真では、鳥の糞に似ているようだ。

最後の④のアカイロトリノフンダマシは、真っ赤な体に、
黄色の水玉模様があり、鳥の糞には見えないようだ。

むしろ正統派の警戒色である。

体液が不味いとか、有毒であるとかの情報はないので、
テントウムシにベイツ型擬態してるのかもしれない。

一度は、出会ってみたいクモである。


それぞれの種の特徴をまとめると、以下のようになる。

 ⇒鳥の糞に擬態: トリノフンダマシ、シロオビトリノフンダマシ
 ⇒目玉模様強調: オオトリノフンダマシ
 ⇒ベイツ型擬態: アカイロトリノフンダマシ


もちろん、何故、別々の道を歩んだのかは、謎である。

しかし、ある程度の想像はできる!!

 

という訳で、


・・・仮説(妄想?)・・・

目玉模様が強調されたのオオトリノフンダマシの写真は、
水辺にあるススキなどのイネ科植物の葉っぱで撮った。

一方の、鳥の糞に擬態したトリノフンダマシの写真は、
林縁部の広葉の葉っぱで撮ったものである。

当然、肉食性の彼らが、植物の種類に大きく依存することはないが、
もし、このような傾向があるとすれば、話は簡単である。

林縁部で良く見かける、地面にほぼ平行に広がっている葉っぱには、
上から落下する鳥の糞が、かなりの頻度で付着している。

こんな場所では、鳥の糞に擬態している方が生き残る可能性が高い。

だから、トリノフンダマシのような、より精巧な糞擬態が完成していったのだろう。

一方の地面に垂直に伸びているイネ科植物の葉っぱには、
どう考えても、鳥の糞は付着しにくいのだ。

だから、せっかく鳥の糞の形状に進化したオオトリノフンダマシであるが、
静止場所がイネ科植物の葉っぱであることが多いため、
鳥の糞に見える模様があまり機能せず、むしろ、
目玉模様を強調するようになった個体(グループ?)が、
生き残る可能性が高くなったのだろう。

・・・仮説(妄想?)・・・おわり

 

この仮説を検証するのは、簡単だ。
実験は、しなくても大丈夫だ。

それぞれのクモたちが、実際に静止している場所(状況)を、
出来るだけ沢山、観察すれば良い。

後は、統計処理をして、有意差があるかどうかを確認すれば・・・

 


それにしても、恐るべし、トリノフンダマシの適応力、
というか、変わり身の速さ?

 

 

     

拍手[18回]

PR
【2014/09/09 06:03 】 | 擬態 | 有り難いご意見(0)
<<かなりの珍品!? キイロシリブトジョウカイの仲間 | ホーム | 不思議な出会い!? クロオビカイガラキジラミ>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>