忍者ブログ
  • 2017.08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.10
サティロス型擬態① ヨナグニサンとヘビ

飛びながら獲物を探すことができる野鳥類の視覚は、
人間よりも遥かに鋭いと言われている。

餌となる虫(のようなもの?)を見つけたときに、
それが食べても安全なのかどうかを、
瞬時に判断しなければならないからだ。

ただ、鳥の視覚が鋭いとは言っても、
人間とは異なるシステムで、対象物を認知していることが、
最近になって分かってきた。

このことと並行して、特に虫たちの不思議な模様についても、
サティロス型擬態という概念が注目を浴びるようになって、
その存在意味が、徐々に解明されつつある。


 ⇒微妙な書き方をしてしまったが、
  この記事をお読みいただく前に、
  以下の記事を、是非ご覧ください。

  【古くて新しい擬態 サティロス型擬態】
   ↓   ↓   ↓
   http://kamemusi.no-mania.com/Date/20150913/1/

 


簡単に言うと、
 人間の視覚による認知方式(?)は、
 とりあえず、視覚に入る全体像から対象を判断するが、
 鳥の場合は、全体像よりも、一瞬の注目すべき部分を、
 過去の記憶と一致させ、対象を判断する傾向が強い、
と言うことなのだと思う。


鳥たちのこのような視覚認知システムでは、
彼らが、必死に食べ物を探しているとき、
蛾の翅にあるネコやフクロウの顔のような模様を、
(この模様をサティロス型擬態と呼ぶのだが、)
まず(拡大して?)注視してしまう。

その結果として、素早く認知した模様が、
自分の天敵を連想させるものであった場合に、
当然のこととして、その虫を捕獲するのが、
一瞬だけ遅れてしまうのだ。

 ⇒この状況は、逃げる方(虫たち)にとっては、
  生死をかけた瞬間になるのだろう。

 

 

以下は、その具体例である。

 


まず、ヨナグニサンの写真を、ご覧ください。


マニア以外の人間が、普通に見ると、
大きな蛾だなと思う程度なんだろうが・・・

 

 

ヨナグニサン(ヤママユガ科)

2003年4月5日 与那国島・沖縄

これは、もう10年以上前の写真であるが、
このときの感動は、今でも忘れない(ちょっと大袈裟!!)。


言うまでもなく、ヨナグニサンは、
与那国島に生息する世界最大級(!)の蛾だ。

過去に、飼育品の実物をどこかで見たことがあったが、
この子はまさに、野生のヨナグニサンなのだ。

しかも、羽化直後の、新鮮な個体・・・

 

見つけた時には、同行の友人二人も、
しばらく声が出なかったほどの迫力であった。


 ⇒当時の記憶をたどってみると、
  その大きさばかりに気をとられて、
  前翅の先端のヘビの模様には、
  大きな関心を持つことはなかった。

  

 


こんなヨナグミサンは、野鳥類の視覚認知方式では、
一体、どんな風に見えてしまうのだろうか?

 

 


同じ写真を、トリミングしてみた。

 

 


ヘビ?(左側拡大)

2003年4月5日 与那国島・沖縄

葉っぱの影になってる部分は、こんなにリアルだ!!!


もしかしたら、本物のヘビと比較して、
サイズ的には、全くヒケをとらないだろう。

 

 

 

ヘビ?(右側拡大)

2003年4月5日 与那国島・沖縄

明るい右側のヘビの方が、ちょっとだけ強調される???


これこそが、サティロス型擬態の典型(?)なのだ。


 ⇒確かに、少なくとも人間3名は、まず全体像を見て、
  その大きさに圧倒されただけだったのだが、
  鳥が見ると、「そうか、ヘビなんだ!」
  と、思うしかない・・・・

 

 


下は、本物のヘビの写真である。

 

我々人間もあまり注視することはないと思うのだが、
ヨナグニサンの前翅先端部のの模様と、微妙に良く似ている。

 

シマヘビ(ナミヘビ科)

2011年9月26日 小泉潟公園・秋田

小鳥たちの多くは、(多分)自分の卵やヒナがいる巣に向かって、
恐ろしいヘビが近づいてくるのを、経験しているはずだ。


だから、蛇のような姿を、瞬間的に見た場合、
どんなに恐怖心を掻き立てられるのか、十分想像できる【注】


 ⇒おそらく、多くの小鳥たちは、
  ヘビのような模様に対して、
  必要以上に敏感に反応してしまうのだろう。

 

逆に言うと、臆病な野鳥類に対して、
一瞬の判断ミスを起こさせるのが、
目につきやすい模様が、「サティロス型擬態」なのだ。

しかも、その模様は、完全に対象を再現する必要はない。


人間がマジマジと見ると、
「何でこんな不完全なものが?」
と、長い間生物学者を困らせてきた問題が、
野鳥類の切羽詰まった状況から推察すると、
おそらく、それで十分な機能を果たすのだ。

 

 

・・・次回は、姿かたち全体が動物に見える例です。

 

 

【注】別の言い方をすると、鳥の場合は「心の目」によって、
   怖い怖いヘビやフクロウの姿などが図式化され、
   それに当てはめながら対象を認識している。

   空を飛びながら獲物を探す野鳥類は、
   虫のようなもの(?)を見つけたときに、
   それが、本当に餌である虫なのか、
   あるいは、恐ろしい天敵の動物なのかを、
   瞬時に判断しなければならない。

   そのとっさの判断基準は、目の焦点を合わせ、
   じっくり観察できる全体像ではなく、
   瞬間的に目に入った天敵の姿(の模様)なのだ。

 

 

   

拍手[28回]

PR
【2015/10/01 06:13 】 | 擬態 | 有り難いご意見(1)
<<サティロス型擬態② 動物の顔に見える蛾 | ホーム | リアルな糞擬態 ウスイロカギバ幼虫>>
有り難いご意見
無題
こんばんは!

ヨナグニサン素晴らしいですね。

沖縄でいつか自分も撮影したい蛾です。

まさに蛾の王様と言ったところでしょうか。


北海道ではシンジュサンを撮影していつかヨナグニをと思いをはせております。

蛇の頭部に本当にそっくりです。
【2015/10/02 21:43】| URL | だんちょう #6afdad83b6 [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>