忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
サティロス型擬態⑤ イモムシの目玉模様も??


前報④で、蛾の前翅の最初から見えている目玉模様が、
サティロス擬態の範疇であることを紹介した。
 
イモムシにも、目玉模様を持つ種がいて、
近づいてくる捕食者に、突然見せつけるのではないので、
この場合も、サティロス型擬態として良いのだろうか・・・?




特に子育てをしている野鳥類にとって、
イモムシは、質量ともに格好の餌になるはずだ。

【虫を食べる野鳥類① シジュウカラ】
 ↓   ↓   ↓
 http://kamemusi.no-mania.com/Date/20140203/1/


当然、イモムシたちも、黙って食べられているわけではなく、
様々な対抗手段で、餌にならないように工夫(?)をしている。

 

 


ベニスズメ幼虫(スズメガ科)

2010年10月12日 白岩森林公園・青森

普通に葉っぱを食べているときは、
どこにでもいる蛾の幼虫である。

 
ただ、この体色と目玉模様・・・

頭部を上に持ち上げると、
ちょっとヘビに似てくる。

 
さらに、前から見れば、まるでヘビである。


 ⇒体の前方を、ゆっくり振ると、
  サイズとは無関係に、鳥には蛇に見えるだろう。

 

 

 


アケビコノハ幼虫(ヤガ科)

2010年10月8日 弘前市・青森

この写真は、過去の記事で使用したものであるが、
お気に入りのトリミングなので、もう一度・・・ 


アケビコノハの幼虫は、その恐ろしさを非リアル(?)に表現する。

むしろ実物とは、かけ離れたほどの強調と言っても良い。


 ⇒私は、最初にこのブログで紹介したときに、
  漫画チックという言葉を使って表現したが、
  もちろん漫画は、特定の部分を強調する傾向が強い。

 

我々人間も、いきなりこんな虫が目に入ったら、
多少は、ビックリするのかもしれない。

 

 

 


クワコ幼虫(カイコガ科)

2011年6月29日 だんぶり池・青森

野鳥類が、イモムシの目玉模様を見た瞬間に、
本当に攻撃を躊躇するのか、個人的には、
実を言うと、最近まで疑問視していた。

本物のヘビとイモムシでは、サイズが違いすぎるからである。

 

ところが、野鳥類は、必要以上に怖がりであることと、
遠近感とサイズ認識が苦手であるというふたつの理由で、
「小鳥たちは、遠くのフクロウよりも、
 近くのクスサン方が、はるかに怖い」
ということが、ようやく理解できたのである。


【擬態??④/④ サイズの違い】
 ↓   ↓   ↓
 http://kamemusi.no-mania.com/Date/20141214/1/

 

ただ、「鳥類の視覚認知システムが人間と違う」
と言うサティロス型擬態の基本理念には、
これらの模様は、アイコン的な模様と定義されている。

だから、サイズが違いすぎるという問題に関しては、
あまり大きな影響は与えないと考えられている。


 ⇒もちろん、イモムシの目玉模様も、
  サティロス型擬態として良いだろう。

   

 

拍手[15回]

PR
【2015/10/26 05:39 】 | 擬態 | 有り難いご意見(1)
<<かろうじてミラクル擬態?? チャイロオオイシアブ | ホーム | 虫たちの親子-27 カシワマイマイ>>
有り難いご意見
無題
蛾の幼虫には目玉模様を持つ子が多いですね。

同じ幼虫でもチョウの幼虫は目玉模様を持つ子が少ない感じがしますが・・・

あ(汗)

そうでもないですね、
蛾の幼虫でも目玉模様を持つ子のほとんどはスズメガですね。


他はアケビコノハ・・これは本当にリアルに凄い模様ですよね。



クワコの幼虫は触ると頭を持ち上げ頭を膨らませますよね。


みんな面白い技術を習得しておりますね。
フクラスズメの幼虫も触ると頭を持ち上げ左右に揺らし、音も出すと聞いた事があります。
まだ見た事がないのでいつか確認したいです。
【2015/10/28 18:05】| URL | だんちょう #553a308229 [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>