忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
例外的な美麗種? アカアシカスミカメ


カスミカメムシの仲間は、分類が難しいこともあって、
あまり好きになれないのだが、数は少ないが、
ハッ!!とするような美麗種もいる。


今回のアカアシカスミカメは、人気投票すれば、
カスミカメムシ科の部門(?)では、ベスト3に入るだろう。

 ⇒個人的には、ベスト1なのだが・・・

 

 


アカアシカスミカメ(カスミカメムシ科)

2013年9月10日 梵珠山・青森

言葉で表現するのは、なかなか難しいのだが、
「6本の脚は、赤と緑と白に塗り分けられ、
 頭部と胸部は、黒褐色が主体ではあるが、
 前翅の周辺部は緑色で、中心部分には、
 黒色と赤色と白色のの三角形を主体とした、
 ステンドグラスのような、幾何学的模様がある」
と、写真をみながら、図鑑にはない書き方をしてみた。


まあ、「生きたステンドグラス」と書けば、
その一言で、話は終わるのだろうが・・・

 

 

 

アカアシカスミカメ(カスミカメムシ科)

2012年8月4日 裏磐梯・福島

一般的に、赤・緑・黒の模様は、かなり目立つので、
捕食者に発見されやすくなっているはずなのだが、
なかなか、その裏付けが取れない。

 ①体液に不味成分を持つことによる警戒色?

 ②それとも、何かに擬態している??

 ③もしかしたら、分断色???

 ④このブログの最終行(?)に記載????

 

 

 

アカアシカスミカメ(カスミカメムシ科)

2013年8月7日 安曇野・長野

この写真の子は、赤色がほとんど見えないが、
もちろん、別種でもなく、雌雄の差でもないようだ。

分類の厄介なカスミカメ類の中で、
この子のOnomaus属は、世界に4種しかいない。

当然日本には、アカアシカスミカメしか分布しないため、
誰も、他の種と間違えることはないだろう。


写真を見ると、体の外縁が背景の葉っぱの色に溶け込んで、
輪郭が分かりにくくなっているので、③の分断色説も有りなのか。

 

 

 

アカアシカスミカメ(カスミカメムシ科)

2013年9月9日 だんぶり池・青森

また、例によって、和名について一言・・・

確かに足が赤いカスミカメなのではあるが、
これだけ特徴的な背中の模様にちなんだ名前の方が、
もっともっと、人気が出たかも???


まさか、ステンドグラスカスミカメ!!????

 


・・・以下、追記??

 

ヤマジノホトトギス(ユリ科)

2014年8月14日 奥入瀬・青森

今年の夏、家族7人で奥入瀬渓流をワヤワヤ歩いていたら、
3才の孫がヤマジノホトトギスの花を見つけた。

何も考えずに、さりげなく写真を撮ったのだが、
直後に、モニター画面を見て、かなりビックリ。


さりげなく、アカアシカスミカメが写っている!!!

 


そこで、もう一枚・・・

 


アカアシカスミカメ(カスミカメムシ科)

2014年8月14日 奥入瀬・青森

シャッターを押しても、気が付かなかったくらい、
完全にヤマジノホトトギスの花に負けてしまった、
美麗種アカアシカスミカメ・・・・

この子も、赤色がほとんどない!!

 

⇒これは、目立たなくする保護色の範疇(⇒④)では?

 

 

      

拍手[15回]

PR
【2014/09/22 06:13 】 | 擬態 | 有り難いご意見(0)
<<光に誘引されたカミキリ① | ホーム | コアリガタハネカクシ交尾>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>