忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
目玉模様のモデル 動物の目は怖い??


虫たちの身体にある比較的大きな目玉模様は、
フクロウやネコの目に似ているので、
野鳥類の攻撃を躊躇させることが出来る。
↓   ↓   ↓
http://kamemusi.no-mania.com/Date/20150214/1/
http://kamemusi.no-mania.com/Date/20150218/1/


獲物を探す野鳥類は、かなり臆病であり、
食べようとした虫たちに、フクロウやネコを連想するような、
大きな目玉模様を、急に見せつけられるので、
あまり本物の目に似ていなくても、十分効果的である。

おそらく、左右対称のおよその場所さえ一致していれば、
どんな模様だって、目玉に見えてしまうのだ。

 


だから、本物の目の写真を載せて、
ニセの目玉模様と比較する必要なんて全くない。

 

 


・・・・けれど、

 


下の写真が、本物の動物の目である。

 


動物の目は怖い!


やはり、目玉だけを切り取ると、
人間が見ても、気持ちの良いものではない。


 ⇒あんまり、見つめない方が良いかも?

 

動物の目の形や、中にある模様(光彩?)は、
当然のことながら、微妙に形が違って、
いわゆる千差万別の世界である。


実際には、動物の(本物の!)目は、
同心円というイメージは、ほとんどないようだ。

 

 

上の写真の正体は???

 

ちょっとだけ可愛い動物たち

左上: ネコ(ネコ科) 弘前市・青森(20140801)
左中: ネコ(ネコ科) 弘前市・青森(20140801)
左下: ネコ(ネコ科) 弘前市・青森(20140801)
右上: イヌ(イヌ科) 弘前市・青森(20100314)
右中: キタキツネ(イヌ科) 知床・北海道(20110709)
右下: クスサン(ヤママユガ科) 碇ヶ関・青森(20080922)

 

じっと見つめた方は、すぐにお分かりのように、
右下の目は、噂の「蛾の目玉模様」である。


左側の3枚のネコは、自宅付近で見つかる飼い猫なのだが、
全体を見れば、多分可愛らしいのだろう。

もちろん、イヌ(かつての愛犬アイン君)やキタキツネも・・・


しかし、目の部分だけを取り出すと、
どうしても、やや怖いイメージが出てくるようだ。

おそらく、野鳥類にとっても、目だけ見ると、
人間と同じように、恐ろしいのだろう。


 ⇒今度、多摩動物園に行ったら、昆虫館だけでなく、
  たまには、ミミズクやフクロウの写真も撮らないと!!

 

 


さらに、こんな目をした動物もいる。


 

野鳥類の天敵?

左: アオダイショウ 大雪山山麓・北海道(20140705)
右: ホンドテン 白岩森林公園・青森(20120808)


野鳥類にとって、もっともっと怖い天敵は、
おそらく、ヘビかもしれない。

左のアオダイショウ(ナミヘビ科)は、
大雪山山麓で、もうちょっと歩くと、
残雪が残っているようなところで見つけた。

そっと近づくと、こんな写真を撮らせてくれた。


あまりヘビの写真を撮る機会がないのだが、
偶然出会った、このヘビの目は、小さくて、
予想外に、やさしい感じがした。


しかも、左右に分かれて配置されているので、
虫たちが真似をする目玉模様のモデルには、
どうも、なっていないようだ。


野鳥類が、ヘビの怖さを感じるのは、
やはり「細長い体」なのかもしれない。


 ⇒少なくとも、うちの娘(次女)は、
  ゴキブリやケムシは、全く平気なのに、
  道路に落ちている縄を見ただけで、
  「ヘ!がいる!!」と叫んで、かなり怖がるのだ。

  よほど嫌いなのか、「ヘビ」という言葉も発しないで、
  ただの「ヘ!」というのだ。

 

 

一方、右のホンドテン(イタチ科)は、
あまり野鳥類を捕獲することはないと思うが、
巣の中の卵や、ヒナが狙われそうだ。

この写真は、アオダイショウとは違って、
かなり遠くで撮った写真を、トリミングしたものだ。


 ⇒目のまわりが黒くなっているのは、
  比較的小さな目を、強調してるのだろうか?

  ひょっとして、歌舞伎役者が擬態してる???

 

 


・・・・蛇足

 


カエルの目

左: シュレーゲルアオガエル だんぶり池・青森(20101008)
右: ニホンアマガエル だんぶり池・青森(20100612)


カエルの目は、実は、かなり怖いのだ。

何故か、虫たちが真似をする目玉模様は、
どちらかというと、カエルの目に似ている。


 ⇒カエルが、野鳥類を捕獲することはないと思うし、
  むしろ逆に、野鳥類がカエルを食べることが多い??


ということは、
野鳥類は、偽物の「目玉模様」は、物凄く怖がるのに、
カエルの(本物の)目は、全く怖がらないことになる??


 ちょっとだけ不思議emojiemojiemoji

 

 

 

・・・蛇足の蛇足

 

 

思い付くままに・・・ことわざ・慣用句


『眼力』     ⇒もちろん、私には全くない。

『目を見て話せ』 ⇒それが、なかなか難しい。

『目をそらすな』 ⇒ヒグマに出会ったら、できるだろうか?

『鵜の目鷹の目』 ⇒この際、ノーコメントで・・・

『鬼の目にも涙』 ⇒多分、涙にあふれている。

『眼光鋭い』   ⇒過去に2人くらい出会ったか。

『目玉焼き』   ⇒命名者のセンスに完敗?

『目には目を歯には歯を』  ⇒これは絶対ダメ!

『目は口ほどにものをいう』 ⇒そんな人いる?

 

 

    

拍手[25回]

PR
【2015/02/26 06:49 】 | 擬態 | 有り難いご意見(1)
<<虫たちの親子-18 シャチホコガ | ホーム | 変わり者の特権 これも自然淘汰なの??>>
有り難いご意見
無題
こんにちは(^O^)
ひとえに目玉模様と言っても様々な模様、また、モデルがありますね。あまり普段気にしていませんが、こうして謎といていくと新たな発見がありますね!
【2015/02/26 16:48】| URL | だんちょう #56b710e5f4 [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>