忍者ブログ
  • 2017.06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.08
虫たちの目玉模様 これも自然淘汰?


衝撃的なタイトルだが、内容はそうでもない。

 ⇒長文ですので、時間のあるときに・・・?



前回、大きい目玉模様と、小さい目玉模様には、
それぞれ、捕食者の攻撃を躊躇させる機能と、
逆に攻撃をその部分に向けさせる機能があり、
どちらとも言えない中間サイズの目玉模様は、
両方の効果が期待できることを紹介した。
↓   ↓   ↓
http://kamemusi.no-mania.com/Date/20150214/1/


実は、虫たちの身体にある目玉模様には、
前回の標準的な(?)の同心円状のもの以外に、
色々なタイプの良く似た模様があり、
まさに「ちょっとだけ不思議な昆虫の世界」なのだ。

 


とりあえず、前回の最後に示した写真・・・


ベニスズメ幼虫のリアルな目玉模様と、
アケビコノハ幼虫の漫画チックな目玉模様とでは、
どちらの方が、ビックリさせる効果が高いのだろうか?

 

実は、この謎を解く鍵が、下の写真にあるのだ。

 


これも目玉模様??

左上: ウンモンスズメ 白岩森林公園・青森(20120721)
右上: コマバシロコブガ 矢立峠・秋田(20140605)
左下: ワモンキシタバ 木賊峠・山梨(20140819)
右下: アトジロシラホシヨトウ 矢立峠・秋田(20140605)


これらは、いずれも蛾の成虫の写真なのだが、
翅の地色とは違う左右対象の模様は、
丸い形ではなくても、翅の輪郭にマッチすると、
目玉模様のように見えることが多いのだ。


確かに、この4種類の目(?)の部分は、
同心円ではないし、1個ずつ切り離してみれば、
どれも目を連想させることはない。


 ⇒ただ、翅の輪郭が動物の顔のようで、
  下を向いて静止しているときには、
  まさしく、目にしか見えないのだ。

 

左側2種の目は吊り上がり、ちょっと怖そうだが、
右側2種は、何となく、やさしいイメージがある。

いずれにしても、この4種の目玉模様は、
それぞれ、ほぼ完成品(?)だろう。


このように、輪郭が伴えば、小さな目玉模様でも、
野鳥類の攻撃を、躊躇させることが出来るはずだ。

別に、怖そうな顔(!)をしていなくても・・・


顔の表情を見て、怖そうか、優しそうかは、
我々人間だけ(?)が、過去の経験から、
勝手に思い込んで判断した結果である。


 ⇒という訳で、前回のリアルなヘビと、
  漫画チックなヘビは、どちらも、
  野鳥類にとっては、同じなのだろう。

  またしても、陳腐な結論??

 

 


実は、切り離すと、もっと目には見えない模様もある。

 

 


アサマキシタバ(ヤガ科)

2014年5月25日 津山市・岡山

良く知られているように、多くのキシタバ類の仲間は、
隠蔽的な色彩の前翅の下に普段は隠されているが、
後翅の表面には、鮮やかな模様がある。

その鮮やかな模様は、左右対称なので、
翅を開いて、急に見せられたときには、
動物の目のようにも見えてしまう。

 

・・・ところで、この写真を撮ったとき!!


野鳥類が目玉模様に驚いて、攻撃を躊躇する場面には、
残念ながら、私はまだ、出会ったことはない。

ただ、常夜灯の下という、人為的な状況ではあるが、
上のアサマキシタバの写真を撮ったときに、
もしかしたら「これがそうか?!」ということがあった。


 ⇒夜明けの常夜灯近くには、明るくなっても、
  帰り遅れた沢山の蛾が残っているが、
  動きが鈍く、簡単に捕獲できるので、
  学習した数種の鳥たちが集まって来る。

  個人的には、そんな鳥たちは、
  虫の写真を撮る私にとっては、邪魔で、
  憎らしいライバルなのだが・・・

 

私が、写真を撮るため、キシタバに近づいたとき、
多分ハクセキレイだったと思うが、すぐ傍にいて、
何故か驚いて飛び去ったような気がした。

だから、上の写真のような鮮やかな後翅の写真が撮れたのだ。

もしかしたら、私に驚いて飛び去ったのではなく、
アサマキシタバの目玉模様のような模様(?)に、
反応したのかもしれない・・・?

 

 


さらに、もともっと発展途上(?)の目玉模様もある。

 


オスグロトモエ(ヤガ科)

2013年8月12日 阿武隈高原・福島


この写真、何となく違和感がある!


・・・?


何と、目玉模様が前翅にあるのだ!!!!

そうかと言って、この程度では、
前回のクジャクチョウほどの迫力は全くない。


だから、この子は、ビックリ効果を狙って、
突然目玉模様を見せるのではないし、
初めから見せているにしては、完成度が低く、
あまり防御効果がないような気がするのだが・・・


 ⇒冒頭の4枚の写真の蛾ほどには、
  動物の顔には見えないが、 
  アングルによっては、フクロウか?


やっぱり、進化の途中段階なのだろうか?

 

 

 

さらに、下の写真も、色々と興味深い。

 

 

ヤママユ(ヤママユガ科)

2011年8月31日 白岩森林公園・青森


ちょっとだけ分かりにくいが、
枯れ葉のように、左右に1匹ずつ写っているのは、
ヤママユの雄成虫である。


実際の撮影現場では、もっと沢山の枯れ葉があって、
かなり大きな蛾なのだが、遠目には枯れ葉のように見える。

ヤママユの夕べ
↓   ↓   ↓
http://kamemusi.no-mania.com/Date/20110907/1/

 

4枚の翅には、それぞれ1個ずつの目玉模様を持っているが、
ほとんどの個体は、最初から目玉模様を見せている。

 

そして、何故か、周辺の葉っぱにも、沢山の目玉模様がある。

このように、翅を横に大きく開いて静止していると、
もしかしたら、ヤママユの目玉模様は、隠蔽的擬態か保護色???


このことに気付いたとき、思わずひとりで笑ってしまった。


木の葉の目玉模様って、何なんだろうか・・・・・


 ⇒この木の種類は、コブシだと思うのだが、
  おそらく、ヤママユ幼虫の食草ではないはず。

 

 

 

この他にも、目玉模様には、面白い機能がある。

 

普通の生物は、目がある方が前(進行方向?)なので、
もしニセの目玉模様が、身体の後方にあると、
もしかしたら、ちょっとだけ賢い捕食者が予測するのと、、
反対方向へ飛んで逃げられるかも・・・・?


スペースの関係で、今回は写真は載せられないので、
興味ある方は、こちらをご覧ください。

どっちが前なの? ウラナミアカシジミ
↓   ↓   ↓
http://kamemusi.no-mania.com/Date/20120811/1/

 

 

・・・・?????

 


折角の話に水を差すようだが、
昔の学会(応動昆)では、こんな話も聞いたことがある・・・?


これまで、見てきたような同心円状の模様は、
一般的な虫を含む動物たちの生活圏の中では、
本来は、存在しにくいものであったと考えられる。

多くの生物は「見慣れないものを、本能的に避ける」傾向がある。

だから、ごくわずかの例外を除いて、
ほとんどの目玉模様の機能は、人間が想像しているだけなのだ。

 

前回のクジャクチョウのところで、
まるで目玉のように見える同心円状の模様は、
野鳥類にとって、最初から嫌いな模様である可能性に触れた。

実は、野鳥類が最初から嫌う形状は、
まだ他にもありそうだ。


次回、このシリーズ最後になるが、
野鳥類が「本能的に嫌う形状」のについて、
写真の撮れているものを紹介したいと思う。

 

 

    

拍手[21回]

PR
【2015/02/18 06:39 】 | 擬態 | 有り難いご意見(0)
<<変わり者の特権 これも自然淘汰なの?? | ホーム | 目玉模様にも色々な機能がある?>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>