忍者ブログ
  • 2017.06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.08
隠蔽的擬態の典型 多分マダラクチカクシゾウムシ


カメラ片手に、林道をブラブラ歩いていると、
「おや! 何だこれは?」
というような光景に出会うことがある。

 

・・・今回も!!

 

 

多分マダラクチカクシゾウムシ(ゾウムシ科)

2015年5月13日 安曇野・長野

木の芽のように見えるが、何か不自然だ。

こんな感じの「虫えい」もあるし・・・

 

 

 

 

多分マダラクチカクシゾウムシ(ゾウムシ科)

2015年5月13日 安曇野・長野


近づいて、ようやくゾウムシ的な体型(?)を確認。

体長5mm程度の小さなゾウムシであるが、
写真だけの同定は難しそうである。


 ⇒とりあえず、多分マダラクチカクシゾウムシとしたが、
  ネット上の写真をさりげなく見比べるてみると、
  ネット写真の方も結構間違ってる(誤同定)可能性もありそうだ。
  

 

 

 

マダラクチカクシゾウムシ(ゾウムシ科)

2015年5月13日 安曇野・長野

さらに、別角度から・・・


静止する場所(背景の色?)は、やはりここがベストだった?

なんか、必死で演技しているように感じる静止姿勢だ。


擬態に、行動が伴う典型的な例だろう。

 

ただ、このような隠蔽的擬態とされる例では、
この子の場合も含めて、隠蔽というよりは、
むしろ、逆に捕食者に対して、チラッとだけ確認させて、
後は、「私は、あなたの食べ物ではないのよ!」と無視させる、
そんな効果の方が考えやすいのだ。

 

このことについては、以下にまとめてあるので、是非ご覧ください。
↓   ↓   ↓
【隠蔽的擬態の虫は、本当にいるのか?】
 http://kamemusi.no-mania.com/Date/20150210/1/

 

 

 


多分マダラクチカクシゾウムシ(ゾウムシ科)

2015年5月13日 安曇野・長野

ちょっと可哀そうだが、葉っぱに移し替えて撮影。

名前の通り、今回の全ての写真で、口を隠している??

 

それにしても、このゾウムシ君!

葉っぱの上にいれば、普通のどこにでもいる雰囲気なのだが、
ひとたび演技を開始すれば、素晴らしい役者に変身するのだ。

しかも、ある特定の場所に逆さに、口を隠して・・・・


この子には、是非、昆虫界のイグアカデミー賞を!!!

 

 

    

拍手[16回]

PR
【2015/06/11 05:46 】 | 擬態 | 有り難いご意見(1)
<<早春の北アルプス遠景 | ホーム | さりげなく撮れた幻のヘビ!! シロマダラ>>
有り難いご意見
無題
こんばんは(*゚ー゚)v

こんなゾウムシもいるんですねぇ、面白い形のゾウムシですね(^O^)
【2015/06/13 01:43】| URL | だんちょう #56b710e65d [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>