忍者ブログ
  • 2017.08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.10
こんなとこ撮ってみました【4】 朝早いのに!!

前回に続いて、4回目の「こんなとこ、撮ってみました」シリーズである。


この4枚の写真は、全て、撮影者の早起きの賜物だと思う!?

タイトルの後の【 】の中の数字は、
デジカメデータから読み取った撮影時刻である。


まあ、特に自慢するほど、朝早くはないが・・・

 

 


精進湖の釣り船(?)【05:11】
 
2007年8月12日 精進湖・山梨

ようやく薄明るくなってきた精進湖に、
目を凝らして見ると、ちょっとだけ不思議な光景が現れた。

何故か、整然と一列に並んだ釣り船!!

 

しかし、釣り船がこんな等間隔に、整然と並ぶか?


 
もしかしたら、学術調査(生態学)?

もしかしたら、警察官(鑑識課)が何かを探してる??

 ⇒でも、左から2隻めの船に、釣りざおのようなものが・・・(ガクッ!)

 

 


日本海(若狭湾)の朝日【05:24】
 
2004年8月7日 若狭湾・京都

丸い太陽が、海面に映ると長細く見えるのは、良くある。

しかし、これは長細くなるにも程がある!!

何で、こんなに長いのか?


夕陽の写真は、ずっと昔からよく撮っていたが、
朝日を撮ることは、偶然が重なったとき以外はなかった。


何を隠そう、この写真が撮れたことがキッカケで、
車中泊をしたときに、夜明け前から起きて、
朝日を撮るようになったのである。


もうひとつの理由は、単に年をとったからであるが・・・

 

 


階段を昇る裸婦(ダリ)【06:13】
 
2005年9月18日 とらまる公園・香川

この公園の中庭には、スペインのサルバトーレ・ダリの彫刻作品
「階段を昇る裸婦ーマルセル・デュシャンに捧ぐ」が展示されている。


しかし、これは、シルエットで見ることをお薦めする。

昼間見る実物は、(個人的には)ちょっと怖いから・・・!?



そして、良く見かけるこのようなシルエット写真は、夕陽がほとんどである。

しかし、これは、朝日なのだ!!!


上の「若狭湾の朝日」の次のチャンスに撮れたもので、
この写真は、ちょっとだけ自信作である。

 

 

青春の光と影【06:47】
 
2011年8月28日 だんぶり池・青森

この光景は、雑木林で普通に見られるが、
撮影技術が未熟で、上手に撮れない。

写真の右半分と左半分の雰囲気が、微妙に違う!!!

実際には、もう少しコントラストがはっきりしていたように思う。

しかも、この光景は、数分間しか持続しない。
 

今は、小鳥の声しか聞こえないが、
もう少しすると、エゾゼミが鳴き出す。

だんぶり池も、この瞬間が、さりげなく良い!!

 

 

拍手[23回]

PR
【2012/03/10 08:24 】 | 日本の風景 | 有り難いご意見(0)
<<真冬の虫たちとヤマコウバシの葉っぱ | ホーム | こんなとこ撮ってみました【3】 朝日が昇る!!>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>