忍者ブログ
  • 2017.06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.08
こんなとこ撮ってみました【6】 夕焼け小焼け!!

今回で、6回目の「こんなとこ、撮ってみました」シリーズである。


東京の下町で生まれ育った私は、小学生のころ、

夕焼け小焼けで 日が暮れて
山のお寺の 鐘が鳴る
お手々つないで みな帰ろう
からすといっしょに かえりましょ

(仲村雨紅作詞 )

という歌の情景が、どこか遠い世界の出来事に感じていた。

今思い出してみると、4年生の林間学校で行った那須塩原で、
初めて、この歌に出てくるような夕焼けを見て、
この童謡の雰囲気に接することができたのだと思う。。

 

夕陽の中のシルエット岩木山
 
2010年5月17日 津軽地球村・青森

そんな理由で、公園で見る夕焼けは、何となく懐かしい。

沢山の子供たちの声がしていた自動公園も、
夜の危険を知らせる赤い空になってくると、
みんな、それぞれの家に帰って、夕飯を食べるのだろう・・・

 

 

夕闇せまる南伊豆の海
 
2010年3月26日 南伊豆・静岡

家族4人で宿泊した南伊豆のホテル前の海の夕焼け。

海の色がこんなに変わるとは思わなかった。


薄暗くなった砂浜も、独特の雰囲気がある・・・

 

 

梓川河川敷の夕暮れ
 
2004年8月13日 松本市・長野

薄暗くなった河川敷も、独特の雰囲気がある・・・

そこが、北アルプスの見える梓川の河川敷であれば、
なおさらのことである。

 

 

夕陽に映える秋田駒ケ岳
 
2010年7月13日 駒ケ岳・秋田

撮影日を見てもらえば明らかであるが、
決して紅葉の時期の写真ではない。

ほんの数分間の出来事であったが、
山の反対側に沈む夕日が、山肌を真っ赤に染めていた。

 

 

夕暮れの千波湖
 
2001年12月30日 水戸市・茨城

ガラッと変わって、最後は都会の湖の夕暮れ。

沢山いるカモメやハクチョウに混ざって、
さりげなくコクチョウもいる。

↓  ↓  ↓
http://kamemusi.no-mania.com/Date/20120123/1/

 

拍手[22回]

PR
【2012/04/16 06:56 】 | 日本の風景 | 有り難いご意見(0)
<<だんぶり池で見つけた虫たち オトシブミ科 | ホーム | だんぶり池で見つけた虫たち ハムシ科②>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>