忍者ブログ
  • 2017.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.12
ちょっとだけ、不思議な富士山

日本の風景といえば、やはり富士山だろう。

私は、何を隠そう、
上高地とか、富士山とか、谷川岳一の倉沢、霧ヶ峰のような
普段は人がたくさんいる場所に、
人がいないときに行くのが大好きである。

まあ、車中泊して、夜が明けた直後に、
さりげなく行くだけであるが・・・

 


 
2007年8月12日 西湖から

この写真は、普段はほぼ満車の湖畔の駐車場であるが、
夜明け前に行くと、雰囲気が全く変わっている。

富士山には全く関心を示さない釣り人と、
車中泊した老夫婦がいるだけである。

 

 
 
2010年3月26日 河口湖から

残雪の富士の稜線に、猛吹雪の予感!
ほんの一瞬のシャッターチャンス。

数分後には、撮影場所まで雲の中である。




 

 
2009年9月24日 5合目から

昔、見た同じ場所から見た富士山は、
大沢崩れはこの辺りかという感じだった。
今は、本当に痛々しい。

もう少し経過すると、
富士山の形が変わるかも知れない。


 


2010年11月11日 飛行機から

数年前に、息子がハングライダーから見た
富士山の写真を撮っていて、ちょっと感動した。

今回は旅客機(羽田⇒富山)からだそうだ!

この角度から見る富士山も、不思議で、面白い。

 
 

拍手[48回]

PR
【2011/01/10 18:35 】 | 日本の風景 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<擬態の不思議【1】 用語の混乱 | ホーム | 擬態より優れているのか? フタモンクサカゲロウ>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>