忍者ブログ
  • 2017.06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.08
温泉で見つけた不思議な虫たち(?)

このブログでは珍しく、真面目な話が続いた(?)ので、
気分転換に、もっと真面目な話題を・・・・

 

今日は、温泉で見つけたちょっとだけ不思議な虫たち(?!)を紹介する。

 


弘前市の自宅周辺には、私のお気に入りの3か所の温泉がある。
匿名ブログで、名前を出すのも、ちょっとだけ抵抗があるので、
温泉名は、頭文字で・・・・・ (⇒地元の人は、すぐ分かるが!)


【RJ温泉】浴槽周辺のタイルに、温泉成分がウロコ状に析出している温泉。
      
【MM温泉】炭酸泉と大きな露天風呂が売りの市街地にある温泉。

【SS温泉】スーパー銭湯のように多種類の浴槽がある最近できた温泉。


これらの温泉施設には、ある程度ローテーションしながら、
回数券を購入して、ほぼ2日に1回は、お世話になっている。

 


今回は、そんな温泉施設で出会った虫たち(?)である。
ただし、残念ながら、(盗撮になるので)写真はない。

写真ブログなので、タイトルとは無関係(!)の写真を掲載・・・

 

 


予想外に速かったアシグロツユムシの脱皮

2011年8月31日 白岩森林公園・青森

⇒昔テレビで見たカゲロウの脱皮の速さは、
 それこそ本当に、あっという間だった。


あっというま虫: 

特に冬の間は、北国のお爺さんたちは、
結構、沢山重ね着をしている。

脱衣所で、一枚一枚服を脱いでいくのに、
結構、苦労している人もいるようだ。

そんな中で、もの凄いスーパーお爺さんを見かけたのだ。


何が凄いのかって・・・?


まず、上半身の多分5~6枚の重ね着している服を、
一度に、それもアッと言う間に脱いでしまったのだ。

そして、ズボンやモモヒキやパンツも一緒に、
同じく、一瞬の間である。

だから、わずか2回の動作で、全部脱いでしまったことになる。

今考えると、靴下はどうしたのかな、と思うが、
もしかしたら、ズボンやパンツと一緒に脱いだのかもしれない。


出てきたときも、2回の動作で、全部まとめて着るかどうかは、
残念ながら、観察していない。


家族に話をしたら、みんな「大爆笑・大受け」で、
一度、実物を見てみたいと言う。

本当に、見たいのか?

 

 


ちょっとうるさいクマゼミとアブラゼミ

2006年8月6日 鳴門市・徳島

⇒公園でのこの大合唱は、傍にいると、
 うるさいなんてもんじゃない。


うるさ虫:

多分、かなり暇なんだろう。
やたら話しかけてくるお爺さんもいる。

だけど、生粋の津軽弁(!?)がワザワイして、
話の内容がよく聞き取れない。

それでも、私が分かりにくそうにして、聞き返したりすると、
少しだけ標準語を混ぜてくれたりするので、何とか通じる。

でも、このお爺さんが、地元の人と会話しているのが、
ときどき聞こえてくるが、そのときの話の内容がさっぱりわからない。

聴きながら、思わず笑ってしまいそうになるが、
まるで、韓国に来てるようである。
(行ったことはないが・・・)

 

 

 


絞り出すように鳴くアオサギ

2012年5月18日 芝谷地湿原・秋田

⇒容姿に似合わない「しわがれたうめき声」は、
 風邪をひいたカラスの声に聞こえる。


がまん虫:

いずれの温泉も、基本的にお湯の温度は高めである。

特に、SS温泉の「高温湯」には、入るのにかなりの勇気がいる。

その風呂に浸かるときに、本人は全く意識していないのだろうが、
大声で「あぁ~!!」とか「うふ~!!」とか、
うめき声を出しながら入るお爺さんがいる。

ときどき見かけるので、常連さんなんだろう。
大体いつも、同じ掛け声(?)をかけて、
気合を入れてから、ことに及ぶようだ。

でも、ちょっとだけ、声が迷惑?

 

 

 

場所を間違えたシャクガ幼虫

2012年6月19日 白岩森林公園・青森

⇒緑色の葉っぱの端から枝が!!!
 これは完全に居場所を間違えている。


おかしくないか虫: 

温泉に浸かりながら、本を読んでるヤツがいる。

別に構わないが、そうまでして、読みたい本なのだろうか?

誰に迷惑をかけている訳ではないが、ちょっとだけ気になる。


読んでる本が濡れないのか、多少心配になるが、
ベテランらしく、そこは実にうまくやっているようだ。

何回か見かける同一人物なので、どんな本なのか、
覗いてみたい気がするが・・・

 

 

 

この原稿を書いているとき、昔のことを、ふと思い出した。


寒くないのかヤマアカガエル

2013年4月22日 だんぶり池・青森

⇒信じられない光景だが、変温動物であるはずのカエルが、
 雪の上を歩くし、氷の水の中を泳ぐ・・・


ごうけつ虫:

徳島県板野郡の町営温泉施設に行ったときだ。

普通は、脱衣所から浴室に入ってくると、
かけ湯をして、まあ体を馴染ませてから湯につかる。


でも、このお爺さんは違った。

冬の寒い日、かけ湯も何もせず、
いきなりサウナの出口にある水風呂に、飛び込んだのだ。

そして、そのまま数分間、中で動き回っている。

おそらく体は、完全に冷え切っているはずで、
すぐに、となりの浴槽(お湯)に入りなおすのだろう。


後で考えると、寒中水泳の練習をしていたようだ。

それにしても、見てるだけで寒くなる。

良い子は、絶対にマネをしないように・・・・

 

 

拍手[18回]

PR
【2013/06/29 05:00 】 | 日本の風景 | 有り難いご意見(0)
<<ミラクル擬態? アリグモ | ホーム | ついに撮れた ムラサキシャチホコ>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>