忍者ブログ
  • 2017.08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.10
ちょっとだけ綺麗な虫たち 小さな蛾


昼行性の蛾の仲間は、チョウに負けず、美麗種が多い。

特に、比較的小型の蛾の場合には、
もっと大きかったら大人気になるだろう(?)、
そんな雰囲気の種類が、さりげなくいるのだ。

 

ただ、野鳥類の餌としてのサイズ的な問題からか、
いわゆる警戒色の範疇には入らない種類がほとんどである。

 

 

 

オオギンスジハマキ(ハマキガ科)

2012年6月8日 だんぶり池・青森

オレンジ色と銀色の絶妙の組み合わせ。

初夏のだんぶり池で、昼飯の弁当を食っていたら、
ふと目の前に飛んできたので、すぐに分かった。

やっぱり、よく目立つ配色だ。

 

 

 


アオスジアオリンガ(コブガ科)

2014年8月19日 木賊峠・山梨

この子は、春型の雄で、何故か逆さに静止している。


 ⇒君は、人面カメムシか??!!

 

ちょっとだけ不思議なことに、常夜灯で良く見かける雌は、
全体がうす緑色なので、見た目は別種のようなのだ。

【不思議な緑色の虫たち② アオスジアオリンガ】
 ↓   ↓   ↓
 http://kamemusi.no-mania.com/Date/20120131/1/

 

 

 


クロモンベニマルハキバガ(マルハキバガ科)

2014年5月31日 筑波山・茨城

小さい蛾にしては、複雑な模様だ。

名前の由来となった黒い紋が、重要なアクセント?


幼虫は、ミズキの枯れ枝を食べるとされている。

 

 

 


クロスジノメイガ(ツトガ科)

2010年8月21日 だんぶり池・青森

オレンジ色の地に、黒い線があって、よく目立つ

葉っぱの表面でさりげなく(?)交尾中だが、
撮影は、早朝のだんぶり池である。

もちろん、付近に常夜灯はない。


明け方に、交尾するのだろうか?

 

 

 


ギンモンシマメイガ(メイガ科)

2012年6月30日 上州武尊山・群馬

この子は、常夜灯に来ていて、帰りそびれたようだ。


軽く調べたネット情報では、
幼虫が、スズメバチ科のハチの巣そのものを食ベるらしい。

ただ、幼虫がどのような経緯でハチの巣の中に潜入できるのか?

おそらく、成虫がハチの巣の中か、周辺部に産卵するのだろうが、
時期や方法など、まだ謎が多いようで、おそらく、
この子は、比較的珍品なのであろう。

 


というわけで、「警戒色とは無縁の小さな蛾たち」でした。

    





拍手[19回]

PR
【2015/04/14 06:06 】 | 昆虫の種類 | 有り難いご意見(1)
<<ちょっとだけ綺麗な虫たち クモなのか? | ホーム | ちょっとだけ綺麗な虫たち ヒトリガの仲間>>
有り難いご意見
無題
小さな蛾(ミクロ蛾)はいつも同定が困難な種が多くお手上げばかりですが、掲載されている蛾はわかりやすく、しかも綺麗な色彩の蛾ですねo(^-^)o
【2015/04/16 17:46】| URL | だんちょう #56b710e5dc [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>