忍者ブログ
  • 2017.07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.09
やっぱりいたのか? 茨城のモンキアゲハ


モンキアゲハという白い(!)紋のある、
微妙な名前の黒いアゲハチョウがいる。


基本的に南方系のチョウなので、
まさか、茨城で見ることが出来るとは!!

 

 

 

モンキアゲハ(アゲハチョウ科)

2015年5月6日 鹿島神宮・茨城

家族で4人で、さりげなく鹿島神宮へ行ってみた。

この時期なのに、比較的沢山の虫の写真が撮れたが、
帰りがけに、前方の水たまりで吸水する黒いアゲハを発見。

かすかに、後翅に白い紋が見えた。


残念ながら、尾状突起があるので、
あこがれのナガサキアゲハではない。

・・・でも、明らかに南方系の雰囲気??

 

 

 

モンキアゲハ(アゲハチョウ科)

2015年5月6日 鹿島神宮・茨城

アゲハチョウの中では、最も遅く姿を現す種なので、
茨城の5月6日は、かなり早いと思う。

まあ、利根川の南側は、千葉県の銚子市なのだが・・・


ネット情報では、目撃・採集は、秋田県が北限のようだ。

しかし、土着地は年平均気温が13℃以上の地域とされ、
現在は、新潟~栃木付近と推定されている。

 

 

 

 

モンキアゲハ(アゲハチョウ科)

2015年5月6日 鹿島神宮・茨城

やっぱり、この雰囲気は、ベニモンアゲハに似てる?

モデルは、茨城には、絶対いないのに・・・

この子は、ツマグロヒョウモンと並んで、
温暖化の指標とされ、分布の北限は広がっているのだ。


 ⇒よく知られているように、ツマグロヒョウモンは、
  有毒のカバマダラに擬態しているとされる。

  ただし、ベニモンアゲハやカバマダラは、
  少なくとも北日本には分布していない。

  このような、擬態種とモデル種との関係については、
  様々な説明がされているのだが・・・

 

 

   

拍手[17回]

PR
【2015/05/16 05:14 】 | 昆虫の種類 | 有り難いご意見(1)
<<ついに撮れた!! フトハサミツノカメムシ雄 | ホーム | ちょっとだけ不思議な春の蛾 エゾヨツメ>>
有り難いご意見
無題
おはようございます(^O^)

モンキアゲハなるものがいたなんて知りませんでした、札幌で見るオナガアゲハのオスみたいなアゲハですね。

ナガサキアゲハは以前沖縄で見ましたが迫力がありました(^O^)
【2015/05/17 10:02】| URL | だんちょう #92ca4cbeb7 [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>