忍者ブログ
  • 2017.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/16 19:59 】 |
オオルリボシヤンマ

だんぶり池にという、
とっても綺麗なトンボがいる。

他の人たちが、飛んでいるヤンマを、
実に、見事に撮っているのを見るたびに、
どうやったらあんな風に撮れるのか? といつも思っていた。


その機会は、昨日、さりげなくやってきた。

 

普段は、あまり池周辺の木道を歩くことはないが、
今回偶然にも、だんぶり池の一番端の水たまりに、
瑠璃色のヤンマが、しきりに飛び回っているのに気が付いた。

これは、多分オオルリボシヤンマだろう。

良く見ると、だいたい同じ場所で、ときどきホバリングもしていた。


これは、「大チャンス」ではないか?
早速、カメラを構えて、じっくり待つことに・・・・

もちろん、シャッターは連射、オートフォーカスに設定した。

 

・・・・・・・・


・・・・・・・・・・(その間、約1時間)


・・・・・・・・・・・・

 

そして撮れたのが、この写真である。

前もって白状するが、300枚近く撮って、
9割以上が、ピンボケ写真であった。


これはまさに、デジカメの威力であり、
パソコンで見て、結果的に、この5枚が残ったのである。

⇒ 是非、クリックして大きい画像でご覧ください。

 


オオルリボシヤンマ雄(ヤンマ科)

2011年8月3日 だんぶり池・青森

縄張りを守って、ホバリング中の雄。
この体勢で約2秒間・・・・・

カメラを構えると、一瞬でファインダーから消える。

 


オオルリボシヤンマ雌(ヤンマ科)
 
2011年8月3日 だんぶり池・青森

手前が雌、奥に写っているのが雄である。

決して、合成写真ではない!

 


オオルリボシヤンマ雄(ヤンマ科)
 
2011年8月3日 だんぶり池・青森

あまり躍動感のない写真であるが、
すぐそばにライバルの雄が写っている。

 


オオルリボシヤンマ雌(ヤンマ科)
 
2011年8月3日 だんぶり池・青森

適当な産卵場所を探して、飛び回る雌と、
それを(多分)ガードするかのように、付きそう雄。

 

オオルリボシヤンマ雌(ヤンマ科)
 
2011年8月3日 だんぶり池・青森

産卵中の雌。
どうやら、水中ではなく、
植物の茎に産みつけているようである。

 


というわけで、緊急報告でした。
 

拍手[39回]

PR
【2011/08/04 13:37 】 | 昆虫の種類 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<これは心霊写真か? | ホーム | だんぶり池の捕食者【4】>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>