忍者ブログ
  • 2017.07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.09
不思議な緑色の虫たち③ アオカメノコハムシ

前項の真っ黒な虫たちも、インパクトがあったが、
今回は、全身が緑色の不思議な虫たちを紹介する。

緑色の虫なんて、その辺の草むらで良く見かけし、
「そんなに不思議なことではないんじゃないの?」
と思う人も、多いかもしれない。

しかし、カメムシやバッタを除けば、
全身が緑色の昆虫は、意外に少ないのである。

 

 

アオカメノコハムシ(ハムシ科)
 
2011年7月3日 白岩森林公園・青森

遠目で見るこのカメノコハムシも、全身が緑色である。

近似種に、ミドリカメノコハムシがいるが、
背中の形からすると、この子は、
どうもアオカメノコハムシのようである。

いずれにしても、この色のカメノコハムシは珍しい。

 ⇒ただ、標本にすると鮮やかな緑色は抜けてしまうらしい。

 

 

アオカメノコハムシ(ハムシ科)
 
2011年7月3日 白岩森林公園・青森

このように、緑色の葉の上で静止していると、
確かに目立たないようである。

この色だけで、外敵に襲われにくいイメージは確かにある。

しかし、この背中の丸みのある形が面白い。
鳥のような、直接口に入れるタイプの捕食者が、
真上から掴もうとすると、取っ掛かりが何もないので、
つるっと滑ってしまいそうである。

もちろん、人が摘もうとしても同じである・・・

 ⇒むしろ、この形状をしていることの方が、
   外敵に対する防御効果が高いのかもしれない???

 

 

アオカメノコハムシ(ハムシ科)
 
2011年7月3日 白岩森林公園・青森

すぐ近くの同じアザミの葉に、
茶褐色の同じ形をしたカメノコハムシを見つけた。

あとで、確認すると、この子も
アオカメノコハムシのようである。

標本にすると緑色が消えてしまうとのことで、
この体色変化も、そのことと無関係ではなさそう?

 

 

拍手[21回]

PR
【2012/02/02 14:52 】 | 昆虫の種類 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<雪国の大雪!? | ホーム | 不思議な緑色の虫たち② アオスジアオリンガ>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>