忍者ブログ
  • 2017.06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.08
君は一体何組?? 鳥の糞か?!


今月は、ブログ開設時の原点に戻って、
想定読者は、虫好きの高校生!!!


私の基本的な撮影スタンスとして、
いつからか(?)、歩きながら、
目についた虫だけを撮っている。

自然状態での虫たちの姿を、できるだけ、
ありのままに、写真に撮りたいからだ。


今回は、お気に入りの場所を歩きながら、
緑色の葉っぱの上で、さりげなく見つけた、
ちょっとだけ不思議な虫たち・・・・

 

彼らは、一体何組なのか、すぐに分かりますか?

 

 

⇒ページ最後に、まとめて正解を載せましたが、
 もし、軽く全問正解したら、あなたは、
 かなりの虫マニアです。

 

 

写真① ??

2011年5月31日 だんぶり池・青森

触角も、6本の脚も、全く見えない楕円形!

体色、模様、形状、サイズ的にも、
この子は、鳥の糞に擬態してるのだろう。

 

 

 

写真② ??

2012年6月13日 梵珠山・青森

葉っぱに、隙間なくピッタリ張り付いている。

脚が見えないし、雰囲気が上の子に似ている。

この子も、鳥の糞擬態?

 

 

 

写真③ ??

2011年7月1日 だんぶり池・青森

この子は、脚が見えるが・・・

どちらかというと、やっぱり、鳥の糞??

 

 

 

写真④ ??

2012年5月23日 長者原SA・宮城

この子は、鳥の糞には見えない。

ただし、4種類とも、カメムシ目っぽい。

 

 

・・・回答・・・

(以下を読もうとする方は、この時点で、間違いなく虫マニアです)

 

 


①クロヒラタヨコバイ(ヨコバイ科)

 ⇒ヒラタヨコバイと言う名前ほど、
    もっと言えば、ヒラタカメムシほど、
  平たくないような気がするのだが・・・

  でも、ヨコバイにしては、かなり平たいのだろう。
  


②ミミズク幼虫(ミミズク科)

 ⇒やはり、この形態と静止姿勢は、
  ある程度の物理的な防御手段と考えられる。

  体のどこも、掴みどころがないので、
  徘徊性のクモやカマキリ、アリなどから、
  十分に身を守れているようだ。


  
③ヤナギカワウンカの仲間(ヒシウンカ科)

 ⇒この子は、多少コケの生えた植物の樹皮にいた方が、
  保護色として、より目立たなかったと思う。

  ただ、鳥の糞擬態であれば、こんな感じで、
  葉っぱの上の方が効果的だろう。

 

④ムネアカアワフキ(トゲアワフキ科)

 ⇒体は光沢のある黒色で、胸部のみ赤色である。

  この色の組み合わせは、よく目立つので、
  警戒色(警告色)と考えられるが、
  野鳥類の餌としては、小さすぎるかもしれない。
  

 

という訳で、4種全てカメムシ目の昆虫でした。

    

拍手[18回]

PR
【2015/01/11 05:12 】 | 昆虫の種類 | 有り難いご意見(0)
<<糞擬態?! キアゲハ幼虫 | ホーム | 君は一体何組??>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>