忍者ブログ
  • 2017.04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.06
ちょっと不思議 ツリフネソウの白い花


やや湿った沢沿いの道などで、
普通に見かけるツリフネソウは、
ちょっとだけ不思議な花である。


ユリのような筒状の花なのだが、
花の真ん中から伸びた1本の花柄に、
バランス良くぶら下がって、
ユラユラ揺れているイメージがある。

 

 

ツリフネソウの白い花

2015年9月5日 矢立峠・青森

通常、ツリフネソウの花は、紫色をしているのだが、
今回初めて、白い花を見つけた。


別種でキツリフネという黄色い花もあるのだが、
それとも、全く違う色だ。


ちょっとだけ不思議な花 ツリフネソウ】
 ↓   ↓   ↓
 http://kamemusi.no-mania.com/Date/20130407/1/

 

 

 


ツリフネソウの白い花

2015年9月5日 矢立峠・青森

上部2か所(?)に、本来の紫色の部分も残っている。


 ⇒ネット情報では、白い程度には、
  結構バラツキがあるようだ。


それにしても、この花の付き方は面白い。


 ⇒一体、何の意味があるというのだ!!


個人的には、普通の筒状の花ならば、
基部の蜜がある場所は、クルクルっと巻かれて、
さりげなく閉じられている。


この格好になった理由?

絶対何かがあると思うのだが・・・

 

 

 

ツリフネソウの白い花

2015年9月5日 矢立峠・青森

この角度から見ると、熱帯魚のイメージもある。


 ⇒前回の記事、サティロス型擬態をふと思い出す?

 

アブやハチは、こんなぶら下がっている花にも、
蜜を吸いにやってくる。


 ⇒記事の最初に、この花は、
  ユラユラ揺れているイメージがある、
  と書いたが、良く観察するとすると、
  実は、花の中に虫がいないときには、
  結構しっかりと花柄で固定されていて、
  風が吹くと、全体が揺れるだけである。

 

ただ、大き目の虫が花に止まると、
当然ユラユラとゆりかごのよう・・・


一度、ミヤマカラスアゲハが吸蜜に来てるのを見たが、
かなり苦労している(?)ような雰囲気だった。

 

 

 


ツリフネソウの白い花

2015年9月5日 矢立峠・青森

白い花に混じって(?)、普通の紫色の花も見える。

やっぱり、突然変異なのだろうか?


ネット情報では、稀に白い色の花があり、
シロツリフネとも呼ばれるようだ。

当然、分類学上では、ツリフネソウの1品種とされている。

 

    

拍手[17回]

PR
【2015/09/19 06:06 】 | 植物 | 有り難いご意見(0)
<<続・シダの白い泡① コウヤワラビにも! | ホーム | ついに撮れた!! ハイイロセダカモクメ若齢幼虫>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>