忍者ブログ
  • 2017.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.12
不思議な虫えい⑤ ヌルデの葉っぱ


(虫えいシリーズ、再開します)・・・2回だけですがemoji

ヌルデに付く2種類の大型(?)の虫えい、
ヌルデハベニサンゴフシヌルデミミフシを、
幸運なことに、1本の木で同時に見ることができた。


・・・とは言っても、自分で見つけた訳ではない。


黒石市の nabita 氏が、七戸町にある詳細な場所を、
さりげなくメールしてくれたからだ。

これで、まさかの「虫えいの世界」に、
ほぼ完全に、紛れ込んでしまったのだ。


・・・ちょっとだけ不思議な nabita 氏の誘惑?

 

 


ヌルデハベニサンゴフシ

2014年10月16日 七戸町・青森

林道を歩いて、10分くらいのところに、
氏から教えられたとおり、ヌルデの木があった。

まず最初に目についたのは、後述のミミフシの方であるが、
いちばん高い部分に、赤いサンゴのような虫えいを、
いとも簡単に見つけることが出来た。

 

・・・・初めて見たので、ちょっと感動!!


これは、まさに「木の上のサンゴ」だ。

しかも、多分15個位の「枝分かれ」がある!!!
(⇒こういう偶然は、何気に嬉しい) ・・・サンゴ15

 

 

 

ヌルデハベニサンゴフシ

2014年10月16日 七戸町・青森

詳細は、まだ良く分かっていないらしいのだが、
これは、ヤノハナフシアブラムシの寄生による虫こぶである。

寄生部位を示す言葉が「ハ⇒葉っぱ」になっているので、
葉っぱが変形したもののようだ【注1】

これまで見てきたタマバエやタマバチとは違って、
寄生者がアブラムシなので、植物の組織内に侵入することはなく、
最初は、葉っぱの表面(裏側?)にいただけなのだろう。

とは言っても、葉っぱは、寄生者を覆い隠すように肥大し、
最終的には、写真のような大型の虫えいとなっている。


ネット情報では、10月には袋の先端が開口し、
有翅虫(アブラムシ)が脱出するとのことで、
この写真では、先端部に全て穴が見える。

おそらく、アブラムシは既に脱出済みなのだろう。

 

 

 


ヌルデミミフシ

2014年10月16日 七戸町・青森

同じヌルデにできる大型の虫こぶが、もう一種見られた。

こちらは、ヌルデシロアブラムシの寄生による虫こぶで、
耳のような形からか、ヌルデミミフシと呼ばれる。

やはり寄生者がアブラムシなので、サンゴフシと同様に、
葉っぱが変形したものだろうか? 【注2】

 
おそらく、この中は空洞になっていて、内壁には、
アブラムシがビッシリ付いているのだろう。

この写真では、先端部分が一部開口しているので、
アブラムシは既に、脱出済みなのかもしれない・・・


このヌルデの木には、サンゴフシは、一つだけであったが、
ミミフシの方は、少なくとも、数個は見られた。

 

 

 

ヌルデミミフシ

2014年10月24日 坂梨峠・青森

これは、後日、別の場所で見つけたものである。


虫こぶには、タンニンが多く含まれていて、
染料あるいは漢方薬の「五倍子」として利用されているようだ。

それにしても、種類が違うとは言えアブラムシの寄生によって、
こうも形状の違う虫えいができるとは、やっぱり不思議である【注2】

 

 

・・・ついでに、
   

 

ヌルデハイボケフシ

2014年10月25日 弘前市・青森

他にも、ヌルデの葉っぱ(本葉)には、虫えいが見られる。

ヌルデフシダニというダニが、葉っぱに寄生すると、
写真のように、あまり見栄えが良くないが、
不整形のいぼ状の小突起ができ、ヌルデハイボケフシと呼ばれる。

この写真のように、葉っぱの表面に沢山生じることが多く、
これまで紹介してきた、虫えいとはかなり雰囲気が異なる。


ダニの仲間も、アブラムシと同様、植物体に潜り込むことはないようだ。
葉っぱの裏側にダニが寄生すると、葉っぱは表側に膨らんで、
裏側には、その分の窪みができるのだだ。

窪みの中には、白い毛が密生し、その間にダニが生息している。

  

【注1】高い位置にあり、間近で観察はできなかったのだが、
    
寄生部位は葉っぱで、それもヌルデの葉っぱ特有の、
    枝にある翼葉(羽状複葉)の部分のようだ。

    

【注2】まさか、ホルモンの種類が異なっている訳ではないだろう。

    薄葉先生のハンドブックに、ミミフシの方は、
    羽状複葉の葉軸部に形成される袋状の閉鎖型虫えいと、
    記載されているので、サンゴフシの形成部位とは、
    微妙に違っているのだろう。
   

    おそらく、2種のアブラムシの行動習性や、
    吸汁方法なども微妙にちがうので、
    それぞれ特有の形状になるものと考えられる(多分?)。

    


 

拍手[15回]

PR
【2014/11/10 05:45 】 | 虫えい | 有り難いご意見(0)
<<不思議な虫えい⑥ ちょっと不思議? | ホーム | 玉川ダムのナミテントウ(2014)>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>