忍者ブログ
  • 2017.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.12
虫たちの親子-22 ヒメカメノコテントウ


昆虫の模型(最近はフィギアと言う?)には、
多分「リアル派」「アニメ派」に分けられる。


まあ、私ほどの虫マニアになると、
一目見るだけで、どっちの「派」なのかは、
簡単に識別することが出来るのだが・・・


 ⇒そんなもん、幼稚園児でもできる!!!

 

 

・・・ならば、下の写真!?

 

 


ヒメカメノコテントウ幼虫(テントウムシ科)

2013年7月14日 虹の湖・青森

もう少し大きければ、まるで、
観光地の土産物屋で売ってるような「漫画チックな」幼虫。


形状、色、模様、脚の付き方・・・
どれをとっても、安物の「おもちゃ」だ!

 

 ⇒これで、全国の幼稚園児を敵に回してしまった。

 

 

 


ヒメカメノコテントウ幼虫(テントウムシ科)

2013年7月14日 虹の湖・青森

テントウムシの仲間は、成虫も幼虫も、
アブラムシを常食とする種が多い。


・・・と、さりげなく書いたが、
実は、完全変態の昆虫で、
成虫と幼虫が同じ食べ物であるのは、
結構珍しいことだと思う。


逆に言うと、多くのテントウムシの仲間は、
完全にアブラムシ(の数!)に依存した生活史なのだ。

 

 

 


ヒメカメノコテントウ幼虫(テントウムシ科)

2013年7月14日 虹の湖・青森

毎度毎度、同じような話になってしまうが、
テントウムシの仲間は、体液(黄色の液体)を、
脚の関節部分から分泌する。

この液体には、強い匂いと苦味があり、捕食者が嫌う。


だから、体色の鮮やかさ・奇抜さは、
そんな匂いと不味さを、捕食者に警告しているのだ。

 

 

 

成虫は、普通のテントウムシ・・・

 

 


ヒメカメノコテントウ成虫(テントウムシ科)

2011年7月1日 だんぶり池・青森

ヒメカメノコテントウにも、ナミテントウと同じように、
斑紋の変異(多型)があって、こんな感じで交尾する。

当然、多型とはいえ、みんな警戒色の範疇にはある。


言うまでもないが、テントウムシの味の不味さは、
植物起源の有毒物質ではないはずだ。







 

    

拍手[15回]

PR
【2015/03/17 06:41 】 | 虫たちの親子 | 有り難いご意見(0)
<<虫たちの親子-23 ミヤマカラスアゲハ | ホーム | 緊急報告!! 不思議なエカキムシ>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>