忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
虫たちの親子-30 ハンノケンモン


このシリーズの写真を見てお気づきのように、
私の基本的なスタンスとして、歩きながら、
目についた虫だけを撮っている。

自然状態での虫たちの姿を、ありのままに、
できるだけ妨げないように撮りたいからだ。


そうすると、緑色の葉っぱの上にいる虫たちが、
被写体になることが多いことになる。


 ⇒しかも、その被写体は、緑色の葉っぱの上で、
  どちらかというと、目立ちやすい虫たちだ。

 

 

 


ハンノケンモン幼虫(ヤガ科)

2012年8月8日 白岩森林公園・青森

この黄色と黒の縞模様は、かなり目立つ。

だから、我々人間も、道路の危険個所や、
工事現場などの特に注意を促す視覚信号として、
さりげなく使用している。


さらに、この子は、何故か「?」マークの姿勢で、
葉っぱの表面に静止していることが多い。

こんな不思議な格好で静止するイモムシは、
そんなに頻繁に見ることはない。


 ⇒鳥の糞に似せたカギバ類の幼虫も、
  こんなイメージで静止していることがある。

 

 

 

 

ハンノケンモン幼虫(ヤガ科)

2012年8月8日 白岩森林公園・青森

さらに、ちょっとだけ不思議なことなのだが、
黄色と黒の色彩になるのは、終齢幼虫のみである。

若齢幼虫期では、アゲハ類と同じように、
鳥の糞のような色と模様のようだ。


ネット情報では、ハンノケンモンの食草は、
ブナ科、クルミ科、バラ科など、何でも食べるらしいが、
その中に、いわゆる有毒植物は含まれていない。

このような、良く目立つ色彩の幼虫は、
毒草を食べていることが多く、捕食者に対して、
自分は「不味いぞ!!」と警告している。

しかし、ハンノケンモンの幼虫は、
不味成分などの防御手段を持っていないようなのだ。

   
【これは警戒色なの? ハンノケンモン終齢幼虫】
 ↓   ↓   ↓
 http://kamemusi.no-mania.com/Date/20120816/1/

 

 

 

・・・この不思議な幼虫の親は?

 

 


ハンノケンモン成虫(ヤガ科)

2013年6月16日 矢立峠・秋田

あらためて、コメントを書くのが辛くなるような、
いたって普通の、どこにでもいそうな蛾だ。

 ⇒幼虫が、特異な姿かたちでなければ、
  当然、このブログでは、単独で、
  取り上げられることはなかっただろう。

  (もの凄い独断と偏見!!)

 

これだけでは、あまりに可哀そうなので、
もうひとつだけ・・・・

写真を見て気付いたのだが、この子の特徴と言えば、
身体全体にある「U」字型の黒い線だろう。


昔、虫たちの翅や体の一部にある模様の中に、
数字やアルファベットを探していたことがあった。

【昆虫クイズ【その7】の答 昆虫アルファベット】
 ↓   ↓   ↓
 http://kamemusi.no-mania.com/Date/20110213/1/


今は、再探索する情熱は、なくなってしまったが・・・

 

   

拍手[17回]

PR
【2015/11/26 06:11 】 | 虫たちの親子 | 有り難いご意見(1)
<<北限(?)のミナミトゲヘリカメムシ | ホーム | 虫たちの親子-29 セスジスズメ>>
有り難いご意見
無題
ハンノケンモンの成虫は良く見るのに幼虫はまだ一度もミタ事がありません。

いつか撮影して見たいです。
【2015/11/28 09:38】| URL | だんちょう #553a308229 [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>