忍者ブログ
  • 2017.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/16 20:11 】 |
虫たちの親子-31 ナナホシテントウ


もう半世紀以上も前の話なのだが、
私が小学生のころは、東京の下町にも、
沢山の池や雑草地が残っていた。

そこには、結構沢山のトンボやバッタがいた。

中でも、ギンヤンマトノサマバッタは人気者で、
まず雌を捕まえて、飛べるようにうまく糸で結んで、
近づいてくる雄を捕まえる遊び(?)に夢中だった。


 ⇒最近の子供は、人工的なゲーム機に夢中で、
  おそらく、自然の中で遊ぶことなどは、
  場所も機会もなく、ちょっとだけ可哀そうだ。

 

ある雨の日、傘をさして雑草地を歩いていたとき、
得体のしれない奇妙な動かない虫を見つけた。

トンボとバッタしか知らない子供にとって、
それが、当時の子供向けの図鑑には載っていない、
ナナホシテントウの蛹であることを知ったのは、
ずいぶん後のことだったと思う。

 

 

・・・今回は、そんな懐かしいナナホシテントウ。

 

 


ナナホシテントウ幼虫(テントウムシ科)

2015年9月6日 弘前市・青森

灰色に薄いオレンジ色の斑紋で、
よく見ると(!)小さな突起が沢山ある。

この配色は、基本的には警戒色なのだが、
どちらかと言うと、地味な雰囲気もある。


成虫・幼虫ともに、危険を感じると、
疑死(死んだふり)をすることがあり、
さらに物理的な刺激によって、
関節部から体液(黄色の液体)を分泌する。

この液体には、異臭と苦味があるので
食べようとしてひどい目にあった捕食者は、
次からは、その体色を覚えて、攻撃することはない。

 

 

 


ナナホシテントウ幼虫(テントウムシ科)

2015年9月6日 弘前市・青森

手前が若齢幼虫で、奥が終齢幼虫だが、
斑紋のパターンは同じだ。


 ⇒若齢幼虫の方が、クッキリ鮮やかな理由を、
  想像するのは、ちょっとだけ楽しい。

 

 

 

 

ナナホシテントウ成虫(テントウムシ科)

2015年6月21日 弘前市・青森

あまり良い写真とは言えないが・・・

成虫はおそらく、日本人が知ってる虫の名前、
ベスト10には入っているだろう【注】

 
 ⇒実は、超普通種のナナホシテントウの写真は、
  ほとんど撮っていなかったが、
  今回、さりげなく判明したのだ

 

 


【注】昔、結婚式でよく歌われたチェリッシュの
   てんとう虫のサンバという曲がある。

   そこに出てくるテントウムシは、とくに根拠はないが、
   ナナホシテントウのようである。

   絵本やイラストでも、てんとう虫として、
   ナナホシテントウが描かれることが多い。


   どうでも良いことであるが、
   虫マニアは、普通にテントウムシというと、
   ナミテントウのことを指すようだ。

 

 

   

拍手[12回]

PR
【2015/12/02 06:39 】 | 虫たちの親子 | 有り難いご意見(0)
<<虫たちの親子-32 ナミテントウ | ホーム | 北限(?)のミナミトゲヘリカメムシ>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>