忍者ブログ
  • 2017.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.12
虫たちの親子-34 ニシキキンカメムシ


このブログの親子シリーズでは、親子(成虫と幼虫)で、
姿かたちが劇的に変化する虫たちを紹介している。

だから、蛹の時期がある完全変態の虫たちが、
必然的にメインに取り上げられる。


ただ、例外もあって、不完全変態のトンボやセミも、
親子で大きく見た目が変化するが、残念ながら、
幼虫のステージが水中や土中で、素人には写真は撮れない。

 

そんな中で、ほとんどのカメムシの仲間は、
成虫と幼虫の生息場所が同じで、しかも、
蛹の時期がないのに、微妙に「見た目」が変化する。

 

 

・・・という訳で、

今までこのシリーズに一度も登場していないカメムシを、
この際だから、いっぱい取り上げてみたい。

 

 


最初は、日本のベスト10に入るほどの超美麗種で、
発見場所が限られる極めて稀な(極珍!)カメムシから・・・

 

 

 

ニシキキンカメムシ5齢幼虫(キンカメムシ科)

2005年5月4日 古処山・福岡

この撮影場所は、ニシキキンカメの有名な産地だ。

私の普段からの撮影スタンスでは、
「○○○へ△△△を、わざわざ採りに行く」
というようなことはしないのだが、
このときだけは、妻と車で九州旅行中に、
さりげなくニシキキンカメに会いたくて、
少し遠回りして、古処山に行ってみた。


食草のツゲは、山頂付近に散在しているので、
他の植物には目もくれず、さりげなく探し始めた。


そして、私の普段のこころがけが良いからだろうか、
ビジターセンターの駐車場からから歩き始めて、
僅か2時間後には、もう終齢幼虫に出会っていた。

 

 

 

 

ニシキキンカメムシ5齢幼虫(キンカメムシ科)

2005年5月4日 古処山・福岡

少し登山道を登っていくと、さりげなく2匹目も発見。

幼虫でさえ、この金属光沢である【注】

成虫は、一体どんな輝きを見せてくれるのだろうか?


 

 

・・・ところがemoji

 

 

その日は、最終的に5匹の幼虫を見かけたのだが、
成虫の姿を見ることはなかった。 

そこで、今回だけは特別に、2匹の幼虫を、
自宅(当時)のある徳島まで持ち帰ることにした。

 

 


そして、・・・

 

 


ニシキキンカメムシ幼虫と成虫(キンカメムシ科)

2005年5月8日 徳島市・徳島

当時は、現在のように暇ではなかったので、
羽化の瞬間に立ち会うことはできなかったが、
偶然、幼虫と成虫のツーショットが撮れた。


 ⇒幼虫には、しっかりピントが合っているが、
  ほぼ同じ位置の成虫は、ピンボケのように見える。

 

 

 


ニシキキンカメムシ幼虫と成虫(キンカメムシ科)

2005年5月6日 徳島市・徳島

キンカメ類の美しさは、白い背景の方が引き立つ。

ただ、上の写真と同様に、ニシキキンカメムシ成虫には、
カメラのピントを惑わすような、独特の雰囲気がる。


・・・と、自分の撮影テクニックの無さを白状する?

 

 

【注】美麗種の定義は難しい。   
   ・・・と言うか、個人の主観であると思う。

   普通は、金属光沢の虫を想像するのだろうが、
   チョウのスミナガシや、ハチのセイボウなんかを、
   思い浮かべるマニアックな人もいるだろう。
   

   学生の頃、虫仲間の友人たちと、
   「昆虫類の最美麗種は何か?」
   と言う酒の席で、議論(?)をしたことがある。

   そのときは、私だけが酔っていなかったのだが、
   タマムシ、ハンミョウ、ルリセンチコガネ、
   アカガネサルハムシ・・・などの甲虫類の名前の挙がる中で、
   「幼虫時代も含めれば、ニシキキンカメしかいない!」
   と主張したとき、一瞬みんなの顔が・・・




      

 

拍手[15回]

PR
【2015/12/14 06:33 】 | 虫たちの親子 | 有り難いご意見(0)
<<虫たちの親子-35 アカスジキンカメムシ | ホーム | 見栄えの良いミバエ類 >>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>