忍者ブログ
  • 2017.07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.09
虫たちの親子-40 ジュウジナガカメムシ


今回登場するカメムシも、
親子がほぼ同じ場所で見つかるので、
近縁種との識別は可能である。

ただ、この子の場合には、成虫になってからも、
生態写真だけでは、同定が難しい。


 ⇒もちろん、後述のように、
  腹部の裏側が写っていれば、同定可能である。

 

 


・・・という訳で、まずは幼虫から

 

 


ジュウジナガカメムシ幼虫(ナガカメムシ科)

2012年8月22日 十石峠・長野

赤と黒の典型的な警戒色パターンの幼虫である。

この仲間は、ガガイモ科の有毒植物から吸汁するので、
体液に不味成分を持ち、鳥などの捕食者が避ける。

写真の撮影場所は、私のお気に入りの林道で、
同定可能な(?)本種成虫をよく見かける。


 ⇒だから、この幼虫集団も、
  ジュウジナガカメムシとして、
  間違いないだろう。

 

 

 

 

 

ジュウジナガカメムシ幼虫(ナガカメムシ科)

2014年8月19日 木賊峠・山梨

本種は、極端な集合性を示すことが多く、
幼虫の放出する匂い成分により、分散・落下が見られる。

防御物質が、典型的な警報フェロモン効果を示す例である【注】


しかし、こんな幼虫集団は、可愛らしい方である。

状況によると、以下のブログで紹介したような、
葉っぱを枯らすほどの大集団になるのだ。


【恐るべし ジュウジナガカメムシ幼虫集団】
 ↓   ↓   ↓
http://kamemusi.no-mania.com/Date/20120902/1/


【カメムシの集団⑤ ジュウジナガカメムシ】
 ↓   ↓   ↓
http://kamemusi.no-mania.com/Date/20130426/1/

 

 

 

 

・・・そして、成虫は?

 

 


ジュウジナガカメムシ成虫(ナガカメムシ科)

2014年7月18日 笹子峠・山梨

和名の由来となった背中の赤い十字がはっきり見える。

近似種のヒメジュウジナガカメムシは、本種よりもやや小さく、
背中の黒い紋も小さいので、赤い十字には見えにくい。

ただ、十字の形状には、個体差もかなりあるなので、
正確に両種を識別するには、腹部下面の黒班を比較する。


 ⇒今回のジュウジナガカメムシでは、
  隣の株にいた個体(右上の写真)のように、
  腹部の黒斑が、ほぼ四角か円形になる。

  一方、ヒメジュウジナガカメムシの黒班は、
  左右がつながって、帯状に見える。
  

 

 

 

【注】カメムシの放出する臭気成分の役割として、
   以下の3種類の有効性が示されている。

   (1)アリに対する防御物質(接触毒)として有効に作用し、
   (2)捕獲行動を躊躇させる「ビックリ効果」を持ち、
   (3)近くにいる仲間に危険を知らせる警報フェロモンとして作用する


   【カメムシの匂いの不思議【05-05】 警報フェロモン効果】
    ↓   ↓   ↓
    http://kamemusi.no-mania.com/Date/20101111/1/

 

  

拍手[14回]

PR
【2016/01/31 06:34 】 | 虫たちの親子 | 有り難いご意見(0)
虫たちの親子-39 ヨコヅナサシガメ


日本列島を北上し続ける(?)外来種ヨコヅナサシガメ。

昨年紹介したミナミトゲヘリカメムシと同様に、
中国か東南アジア方面から侵入した外来種だが、
おそらく、他の生物種に与える影響は、
ヨコヅナサシガメの方が大きいかもしれない。

もしかしたら、アメシロを見かけなくなったことと、
個人的には、関係があると勝手に思っている(???)。


 ⇒もう40年も前の話だが、私が東京に住んでた頃は、
  アメシロの幼虫が、街路樹に大きな被害を与えていたが、
  ヨコヅナサシガメを見かけることはなかった。

  当時は、我々カメムシマニアにとっても、
  独特の雰囲気を持つ大型のヨコヅナサシガメは、
  一度は見てみたい、あこがれの虫だったのだが!!

 

 


・・・ところが!?

 

 


ヨコヅナサシガメ幼虫(サシガメ科)

2013年9月28日 東海村・茨城

近年、急速に分布が増加したようで、
東京付近はもちろん、茨城県でも、
結構普通に、見られるようになった。


赤白黒の3色で、目立つ色彩の幼虫である。

都市部の公園などでも、幼虫が発見されることが多く、
しかも、色合いが似ていることから、ネット情報では、
セアカゴケグモと間違がわれやすいとされる【注】

 

 

 

 

ヨコヅナサシガメ幼虫(サシガメ科)

2013年9月28日 東海村・茨城

こちらは、脱皮直後のテネラル個体。

時間経過とともに、一つ上の写真のような色合いになる。


 ⇒ヨコヅナサシガメの幼虫は、
  肉食性なのに、ゴツゴツした樹皮の隙間などで、
  集団で見つかることが多い。

  もしかしたら、この習性は、
  付近にいる獲物(チョウモクの幼虫?)に、
  大きなダメージを与える可能性が高いかも?

 

 

 


・・・成虫(親)は?  

 

 


ヨコヅナサシガメ成虫(サシガメ科)

2013年6月1日 東海村・茨城

確かに、コッコイイ!!

この子の前翅部分だけを見ると、
他のサシガメの種類と変わらない。

しかし、前翅の両サイドはみ出した腹部は、
白黒の縞模様で、独特の雰囲気を持っている。


写真では、大きさが分かりにくいが、
ヨコヅナサシガメは、日本最大級のサシガメなのだ。

 

 

詳細は、以下のページでご確認ください。

【真昼の訪問者? ヨコヅナサシガメ】
 ↓  ↓  ↓
 http://kamemusi.no-mania.com/Date/20131020/1/

 

 

 

【注】セアカゴケグモは、関西で発見された外来種で、
   マスコミが大きく報道する毒グモとして知られる。

   ⇒確かに、虫マニア以外の人が見れば、
    色合いは、多少似ていると思うが、
    間違えても、触らなければ良いだけなので、
    何の問題もないように思う。

 

 

   

拍手[17回]

【2016/01/28 06:36 】 | 虫たちの親子 | 有り難いご意見(0)
虫たちの親子-38 キバラヘリカメムシ


虫たちの親子シリーズ、再開します。


カメムシ類の幼虫は、同定が予想外に難しいが、
成虫と一緒にいる場合は、確実に識別可能である。


・・・と、気弱に書いてしまったが、

少なくとも、今回のキバラヘリカメ幼虫は、
寄主植物(ニシキギ、マユミ等)も限られているので、
単独で見つけても、おそらく同定できたと思う。

 

 


まずは、幼虫から・・・

 

 


キバラヘリカメムシ幼虫(ヘリカメムシ科)

2015年10月11日 碇ヶ関・青森

名前の由来となった腹部の鮮やかな黄色が、
よく目立つヘリカメムシだ。

6本の脚の全てに見られる白い部分も、なかなか良い。


 ⇒キバラヘリカメムシの放出する匂いが、
  青りんごの匂いに似ているという噂(?)があり、
  おそらく出所は同じだと思うが、
  ネット上でも、しばしば紹介されている【注】

 

 

 

 

キバラヘリカメムシ幼虫(ヘリカメムシ科)

2015年10月11日 碇ヶ関・青森

正面から見ると、ちょっとだけ、雰囲気が変わる。


実は、この幼虫2枚の写真は、
高速道路のPAで撮ったものだ。

以前、このブログで紹介したことがある、
幼虫の大集団も、別の高速SAで撮ったものだ。


衝撃の大集団の写真は、以下でご覧ください。

【まさかの場所で、キバラヘリカメムシの大集団】
 ↓   ↓   ↓
 http://kamemusi.no-mania.com/Date/20131002/1/

 

 

 


・・・成虫(親)は?

 

 


キバラヘリカメムシ成虫(ヘリカメムシ科)

2015年10月11日 碇ヶ関・青森

比較的見栄えの良いヘリカメである。

成虫になると「お腹の黄色い部分」は、
残念ながら、翅で隠されてしまうが、
はみ出した(?)部分は、黄色と黒の縞模様で、
良く言われる「工事現場の注意信号」だ。

成虫の脚の白黒も、良い味を出していると思う。

 

 

 

【注】個人的には、青りんごの匂いがすると、
   感じたことは、一度もない。

   もしかしたら、時間が経過して、
   匂いが弱くなったときに、
   そんな香りがするのかもしれないが・・・

   カメムシが放出する匂いの主成分は、
   炭素数6~10の直鎖のアルデヒトであり、
   それらは、基本的に強烈なカメムシ臭がする。

   大別すると、直鎖部分に2重結合を持つアルデヒド類は、
   カメムシ科に多く、シャープな匂いがする。
   一方、2重結合を持たないものは、ヘリカメムシ科に多く、
   ややマイルドな匂いがすると思う。
   
   【虫たちの防御戦略⑬ Ⅲ(5). 化学的防御手段】
    ↓   ↓   ↓
    http://kamemusi.no-mania.com/Date/20130304/1/


   これらのアルデヒド類は、いわゆる青臭い匂いの主成分であり、
   香水の原料として使用されることがある。

   そのためか、カメムシの匂いも、薄めれば香水になるという、
   都市伝説もあるようだ。

 

   

 

 

拍手[21回]

【2016/01/25 07:02 】 | 虫たちの親子 | 有り難いご意見(1)
虫たちの親子-37 アオクチブトカメムシ


虫たちの親子シリーズ、37回目にして、
親(成虫)の写真が、最初に登場する。

実は、アオクチブトカメムシの幼虫には、
まだ数回しか出会っていないのだ。


 ⇒基本的には、同じ環境にいるはずなのだが、
  幼虫は、かなり用心深いのかもしれない。

 

 


・・・という訳で、まずは見慣れた(?)成虫から!

 

 


アオクチブトカメムシ成虫(カメムシ科)

2015年8月7日 上州武尊・群馬

四国に住んでいた頃は、かなり憧れていた珍品で、
金属光沢の美麗種でありながら、肉食系のカメムシである。

でも、青森では比較的簡単に見つかるし、
晩秋のダムサイトの常連客でもある。


しかも、かなりのキンキラキンなのに、
緑の葉っぱの上にいると、あまり目立たない。

以下のページの最後から2番目の写真、是非ご覧ください。


【華麗なる吸血鬼 アオクチブトカメムシ】
 ↓   ↓   ↓
 http://kamemusi.no-mania.com/Date/20111203/1/

金属光沢の緑色が、太陽光を反射する葉っぱに溶け込んで、
輪郭を微妙に隠す保護色的役割を持っている証拠写真である。

 

 

 

 


アオクチブトカメムシ成虫(カメムシ科)

2013年7月15日 ベンセ沼・青森

この際なので、アオクチブトカメムシが、
肉食系である証拠写真である。


 ⇒でも、どちらかというと、美麗種は、
  普通に植物の汁を吸っていてほしかった?

 

 

 

そして、幼虫は一体、どんな雰囲気なのか?

 

 

 

アオクチブトカメムシ終齢幼虫(カメムシ科)

2011年7月12日 帯広市・北海道

この写真を撮影したときには、何を隠そう、
成虫の姿を、全く想像することが出来なかった【注】


お腹の周辺部の青い模様が、なかなか良い雰囲気で、
カメムシの幼虫にしては、派手な色彩だと感じた。

 

 

 

 

 

アオクチブトカメムシ終齢幼虫(カメムシ科)

2014年7月18日 笹子峠・山梨

こちらは、虫マニアの中では有名な、
山梨県の笹子トンネルの旧道で見つけた。

このときは、アオクチブトの幼虫だと知っていたので、
さりげなく沢山の写真を撮った。


でも、これで、イモムシやケムシの体液を吸汁するのだ。

 

 

【注】当然のことであるが、カメムシ類の幼虫は、
   似たような姿かたちのものが多いので、
   写真だけで、同定することは難しい。

   だから、幼虫の写真同定に関しては、
   特に際立った特徴のある種類を除いて、
   十分な注意が必要だと思う。


     ネット上では、同定ミスが目立つようだが、
     捕獲・飼育して、成虫を確認できないときは、
     同定をギブアップする勇気も必要だろう。
  

 

   

拍手[20回]

【2015/12/23 07:13 】 | 虫たちの親子 | 有り難いご意見(1)
虫たちの親子-36 ヒメツノカメムシ

  
野生のクワを探せば、普通に見つかるヒメツノカメムシには、
母(成虫)が子(幼虫)を保護する行動が見られ、
親子シリーズには、絶対に欠かせない存在だ。


当然、このブログ開始して1ヶ月後には、
不思議な行動として、既に紹介済みである。

【ヒメツノカメムシ、母は強かった】
 ↓   ↓   ↓
 http://kamemusi.no-mania.com/Date/20101004/1/

 

さらに、ヒメツノカメムシの幼虫は、
クワの葉に大集団を形成することでも知られており、
この行動も、すでにブログで紹介済みである。

【カメムシの集団④ ヒメツノカメムシ】
 ↓   ↓   ↓
 http://kamemusi.no-mania.com/Date/20130422/1/




 

 

・・・それでも、改めて???

 



 

ヒメツノカメムシ若齢幼虫(ツノカメムシ科)

2011年7月3日 白岩森林公園・青森

若齢幼虫は、基本的に集団で生活する。

だから、単独で写真に写ることはない。


 ⇒良く知られた話であるが、幼虫集団は、
  必ずこのように、頭を外側にして、
  触角を前方に広げているので、
  アリなどの小さな外敵に対する防御行動だと思う。

 


 

 


ヒメツノカメムシ5齢幼虫(ツノカメムシ科)

2015年7月8日 梵珠山・青森

赤・緑・黒の体色は、結構目立つが・・・

老熟幼虫になっても、このように集団でいることが多い。
逆に、単独個体を、自然状態で撮影することは難しい。


 ⇒場合によっては、羽化した成虫も、
  しばらくは、集団内に留まることもある。

 



 


そして、成虫は・・・・

 



 


ヒメツノカメムシ成虫(ツノカメムシ科)

2011年5月31日 だんぶり池・青森

これは、親子シリーズの原点となる行動(?)で、
明らかに、背中(小盾板)の色の違いは性差ではない。

さらに、ヒメツノカメには、色彩には個体変異があり、
近似種と結構紛らわしい【注】

上の写真の子は、野生のクワの葉っぱで交尾中なので、
間違いなくヒメツノカメムシのカップルだろうが、
同種内で、これだけの色彩変異があると、
近似種と識別するには、勇気がいる(?)。


 ⇒ただ、セグロヒメツノカメムシと、フタテンツノカメとは、
  角の形状やサイズの違いで、写真だけでも、
  簡単に識別できる区別できそうだ。

 

 

 

【注】日本には、6種のヒメツノカメの仲間がいるが、
   通常の生態写真だけでは、正確に同定することはできない。
   
   ただし、撮影地と食草(寄主植物)の情報があれば、
   写真だけでも、以下のようにある程度の識別は可能だろう。


   クロヒメツノカメムシ  Elasmucha amurensis Kerzhner, 1972 北・本・四
   (ダケカンバ、シラカバ、ミヤマハンノキ・・・)

   アカヒメツノカメムシ  Elasmucha dorsalis (Jakovlev,1876) 北・本・四・九
   (ヤマブキショウマ、ホザキナナカマド・・・)

   キタヒメツノカメムシ  Elasmucha fieberi (Jakovlev,1865) 北(特に寒冷地)
   (ダケカンバ、シラカバ)

   フタテンツノカメムシ  Elasmucha nipponica (Esaki et Isihara,1950) 本・四・九
   (モッコク、サカキ・・・)

   ヒメツノカメムシ    Elasmucha putoni Scott, 1874 北・本・四・九
   (ヤマグワ、ヒノキ、ヤシャブシ・・・)

   セグロヒメツノカメムシ Elasmucha signoreti Scott, 1874 北・本・四・九
   (ノリウツギ、ツルアジサイ、ヤマグルマ・・・)


   
   例えば、このブログで以前紹介したように、
   青森のダケカンバで見つかるヒメツノカメは、
   クロヒメツノカメであると自信を持って言える。

   
   【ダケカンバにも、7種のカメムシが!!】
    ↓   ↓   ↓
    http://kamemusi.no-mania.com/Date/20131129/1/


     ⇒しかし、ただのヒメツノカメも、
      ある条件では、ダケカンバに産卵することが、
      黒石市の市田氏によって観察されているので、
      特に幼虫の場合は、注意が必要である。

 

 

 


 

拍手[16回]

【2015/12/20 07:05 】 | 虫たちの親子 | 有り難いご意見(0)
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>